代表からのご挨拶

「代表よっさんはこんな人!」

よっさんはデザイナー勝手な意見でモノづくりするデザイナーではありません。

オーナーの想いとは皆さんモヤッとしているもので、それを形あるものにするまでには幾つかのハードルを越えないといけません。

1つ目は、オーナーの本当を惹き出す努力をすることです。

それは、モヤッとした想いや理想とする形までもなんとなくあるものですが、それは絵でも言葉でもデザイナーに伝えることはできないはずですよね、だからデザイナーに依頼しようとするわけですから。

デザイナーはイエスマンでも、ノーマンでもないです。でも、オーナーがやりたいことの本当を惹き出す能力が備わっているはずです。先ずは言葉から本当を探って行きます。

多くの会話をしながら、デザイナー側は目の前に建物や内装のデザインがすでに出来上がっていながらにして話しています。ある意味オーナーの本当へ導いて行くように(ある意味洗脳して行くかのように)、話し込みながら、"それは良い!"、"それはこうこうこう言う理由でダメかなー"、"そこは収益を考えずに提案をすべきところ"とか、独特な言い回しで答えを導き出して行っているのかもしれません。

だから、友達のような感覚でお付き合いできないと素敵なモノづくりには至らないのです。

オーナーが上、デザイナーは下、そんな発想のオーナーとは恐らくモノづくりは中途半端なものとなって不完全燃焼となって形に現れ、運営方法も話し合うことなく作られてしまって、使い勝手の悪いモノが出来てしまうのかもしれません。

本末転倒ですよね!仲良く出来るか?、そのこころがお互いに大事で、敬意を払ってお互いがお付き合いしていくべきパートナーだと感じています。

2つ目は、ないモノを作ろうとする気概、気合の高さです。

デザイナーに参考写真を持って来られて見て欲しい、と言われるオーナーが見えますが、このスタートは良くないと思います。発想の枠を決めてしまう行為、想いを伝えたいから見て欲しい、と言う事はいうまでもないのですが、間違った方向に行ってしまっていても分からない、本当の自分が分かっていないからこそプロのところに来てもらっているのだから、写真よりも言葉で十分です。

どこにもないモノを作りたい!それはたくさんのお金をかけて作るとか、奇抜なものを作ろうとかでなくて良いはず、そこで働くことが気持ちいいとか、元気になるとか、お気に入りの場所とすべきです。

オーナーの本当をお客さまに伝えようとすること、それが受け入れられることが、商売の醍醐味です、儲かる儲からんにも大きく影響します。

最後に、完成した建物は地域に影響を与えます。集客力によって街は変わります。

自分のことだけを考えるのではなく、地域活性や地域創生の想いもまた含めないといけないじだいなのです。

オーナーの懸命さが伝わること、スタッフが楽しそうに働いていることは、地域の方々に良い影響を与えて、"自分もやってみたい!"と、何かが動き出すかもしれません!

街並み活性も大きなプレスリリース(広報)です。

街に来る人の人口を増やす気持ちを持って運営していかないと先細りになってしまいます!!

たったひとつの建物(お店や施設、医院、ホテルなど)が街を変える!そんな大風呂敷を敷いて始めた方が良いのかもしれませんね!

デザイナーは常に目の前に完成形が見えています。"特殊技能保持者"かもしれません!!

少し変わってる風に見えるかもしれませんが、成功を願う気持ちはオーナーよりある意味強いのかもしれませんよ!!

パートナーとしてデザイナーを見てください!たくさんのことを知る"物知り博士"だったりもしますよ!

一家に一台デザイナー時代!笑

楽しくやりながら、成功に向かうこと、出なければやらない方が良いです!!

よっさんはよく、"売り上げよりも、日々の来店客数を気にするべき!"と言ったりします、売り上げは後からついてくるモノ、来店客数があれば必ず未来はあるはず!、金カネかねではなく、人ヒトひと、そんな思いで運営することもまた、大切なこと。

『機能的で、美しく、カッコいい、そしてどことなく可愛い!』

これがよっさんボギーのデザインポリシーです!

成功のためにあるデザイナーです!単なる絵描きではないことを知ってほしいと思います!

お会いしてお話ししてもらえれば、きっとわかってもらえると思います!是非、会いに来てください!遠方であれば先ずzoomでも良いのでお会いしましょう!!

ご連絡お待ちしております。

オーナーの成功のためにある職業、それが建築・内装・その他トータルデザイナーなのです!!

最後まで読んでくださってありがとうございます。

お会いできる日を楽しみにしております。

株式会社スーパーボギープランニング
代表取締役社長
吉田 司 (よっさん)

電話をかける