今日のよーかん

今日のよーかん

どうでしょうか?

“どうでしょうか?”は禁句!


いろんな職業の人が使うありきたりの言葉なのですが、オーナーや注文者にお伺いを立てる時に必ず使っていると思います!


ところが、デザイナー(デザインを提供する者)には禁句で、この言葉を発することは信頼をなくす元にもなりかねません。

というのは、発注者は依頼したデザイナーの判断による最高案を見たいわけなので、例えば3案作って見てもらって、”どうでしょうか?!”って聞かれたら、気分が滅入ってしまうことでしょう!

オーナーによってはいくつもの案が見たいって方もみえると思います、その時は選ばれたいA案、対抗馬的で選ばれても文句はないB案、もう一つはつまらんC案を提出します。


“あくまでオススメはA案なんです、BやCと比べればA案にはこんな良さがあるから、これしかないと思います!”と力説しないと意味がない役割なんです!


もし、たまたまB案が良い!ってオーナーが選んでくださったとしても、悪い案ではないことは必然なこと、”分かりました!ではB案にもし欠けている部分が有ればお話ししましょう!”で良
いのだと思います!



頼まれた側はオーナーよりデザインのプロ!案内人としての役割をなさないといけなくて、C案のようなものを例えば5案も作って持っていくようでは、オーナーはしっくりこないと言って、こっそり他のデザイナーにも案を聞いたりするでしょうね!


やはり信頼関係!人と人!これしかないんです!
任せるなら任せてもらうような言動がないといけないですよね!


“どうでしょう?!”って弱気なプロ発言!は、なかなか人間関係を作り上げれることはできないですよね!!





●無料相談室(電話相談できますよ!)
https://bogey.co.jp/soudan/
ご相談は0120-39-1343