1. TOP
  2. 今日のよーかん

今日のよーかん

今日のよーかん

現場調査&採寸調査

現場調査&採寸調査


テナント出店の場合などは必ず設備調査と採寸調査をするわけですが、これにも経験がものを言うんですよ!


よっさん単独(全くのひとり)の場合で大抵の物件で細かく採寸しても2時間くらい。


よっさんなしのスタッフオンリーだと3人でやって4時間くらいかな。


この差は何かと言うと”段取りです”


採寸するためには紙の上に実際の形を書き(平面的、設備位置入り)、その上で天井を書き、各展開図を書き、ファサード立面&断面を書き、という手順をするんです!


よっさんは平面枠を書いたら上に重ねるように天井とか、展開図とかをまさに図面かのように書くけど、スタッフたちはあるがままを書くのは良いけれど、図面らしくは書かないのでもたつき、取り忘れも発生したりしてまた行くなんてことにもなるんです。


ことは、要領、それと最終形の予測ですね!


始める前に作戦を練るんです、どうやれば早く正確かを!


なんでもそうですが、デザイナーは最終形を持っていないと前にも進めないんです!どの物件も目の前にデザインの完成形があります!


この最終形を持っているかいないかで、段取りや、提案も変わるわけだから常に持っていて、話しながらとにかく手を加えて目の前にある最終形に可変を加えていくんです!


これ以上はバランスが壊れるなどのデザインつぶしには断固として反対したりもするんですよ。



デザイナーは勝手族です!オーナーのことを考えて活動するからといってイエスマンではないですね!もちろんノーマンでもないですけどね!


採寸からデザインまで、一貫して最終形を持った活動によって差が出ます!


このことに気付くことさえ何年も掛かることなのかもしれないですね!!





ちょっと重たい話になったかな?!
たまにはいいっしょ!笑
また遊びにきてください!


ではまた。


よっさんち
https://bogey.co.jp
お問い合わせ・ご相談は
0120-89-1343
までどうぞ!!