1. TOP
  2. 豆知識いろいろ

豆知識いろいろ

豆知識いろいろ

【必見】リノベーションしたらインテリアとミスマッチ!?解決策をご紹介!

とある日のスーパーボギープランニングにて−−−−−−−−−−

よっさん「新入社員のきりたくん、まきのさんこっち来て〜!!」

きりた「社長どうしましたか!!」

まきの「私たちにお仕事のご依頼ですか!?」

よっさん「ふふふ。今日は君たちにチャレンジしていただきたいものがあります〜!

きりた・まきの「おおぉぉぉ!!」

よっさん「今回はリノベーションのインテリアについて考えていただきたい!こちらの写真を見てほしい!」

きりた「この写真がどうかしましたか?」

まきの「あ!!!部屋の空間とインテリアがミスマッチだと思います!」

よっさん「その通り!二人にはリノベーションする際のインテリアについて、君たちなりの意見や、こうした方がいいという考えを聞きたい!」

きりた・まきの「わかりました〜!!!」

 

社長のよっさんからもらったリノベーション後の写真。

なんだか部屋の雰囲気と、インテリアがあまり合っていません。

今回はボギーの新入社員と一緒に、リノベーション後のインテリアについて考えていきましょう。

 

 

リノベーションしたけどインテリアとマッチしていない

まきの「せっかくリノベーションしたのに、インテリアと合っていないなんてもったいない!」

よっさん「そうなんだよ〜すごくもったいないんだよ!ではミスマッチを防ぐためにはどうしたらいいかな?」

きりた「はい!僕に一つ案があります!」

よっさん・まきの「おおぉぉぉぉ!!」

 

・リノベーションしたらインテリアも変えよう

リノベーションしたあと、なんだかインテリアが合わない…となった場合、インテリアを変えてみることが一つの方法です。

しかし、予算があるかと思いますので全てとは言わず、部分的にインテリアを交換するだけでだいぶ見え方が変わります。

とは言っても、自分だけでインテリアを選ぶには自信がなかったり、選び直しても「やっぱり違う…」となってしまっては振り出しに戻るだけです。

 

きりた「そんなときに役立つのが【インテリアコーディネーター】!」

よっさん「よく知っているね〜!」

インテリアコーディネーターとはすでに完成されてある空間に対してどんなインテリアが合うのかを提案してくれる人のことを言います。

ちなみに、「インテリアデザイナー」という職業の方もいますが、こちらは空間作りからインテリアの提案までトータルプロデュースしてくれます。

専門家にインテリア選びをお手伝いしてもらうことで、今までの違和感ある空間はスッキリ解消されるでしょう!

よっさん「きりたくん、すごいね〜!選び直すという方法の提案と一緒に、自分では選べないという人のことまで考えていて素晴らしい!」

きりた「ありがとうございまーす!!」

まきの「今度は私の番!!!私もとっておきの方法があります!」

よっさん・きりた「おおぉぉぉぉぉ!」

 

・造作家具を利用する

リノベーション後に「インテリアが合わない!」とならないために「造作家具」を利用する方法があります。

造作家具とは、現場、つまり内装工事の段階で加工・取り付けした家具のことを言います。

 

まきの「造作家具をおすすめする理由は3つあります!」

よっさん「ふむふむ。」

 

①寸法がベストな家具にすることができる!

家具を設置する場所や、リノベーション後も活かしたい家具に合わせて「ミリ単位」で寸法を指定することができます。

リノベーション後のインテリアとのミスマッチは「家具の大きさ」も実は大きく影響するので、ジャストサイズの家具を設置すると部屋の雰囲気に合わせることが可能です。

 

②まさにオンリーワンの家具!

リノベーション後の部屋は、言い換えると「世界に一つしかない部屋」です。

ではその部屋に一番合う家具は「世界に一つしかない家具」となります。

造作家具の素敵なところは部屋に合った「世界に一つしかない家具」を取り付けられることなので、マッチすること間違いなし!

また、色合いも部屋に合わせて変えられるので、統一感も生まれます。

 

③地震が来ても大丈夫!耐久性バッチリ!

本棚や机など、造作家具にすることで、万が一大きな地震が来ても、家具が倒れるという心配はありません。

金具でしっかりと固定される造作家具は、耐久性も保証されるため安心安全ですね。

 

よっさん「いやぁ〜お見事!造作家具に目を付けるとは!」

まきの「ちょうど最近勉強したばかりだったんです〜!」

きりた「社長!でも、これってインテリアのことも踏まえてプランニングからしっかりすればそんな心配もないのではないでしょうか?」

よっさん「お!ではその話を詳しく聞かせてくれませんか?」

 

・インテリアもプランニングしておく

一番理想的な方法はプランニングの段階から、インテリアも兼ねて計画することです。

例えば、
①先に部屋の雰囲気を大まかに決めてから、インテリアを組み合わせて微調整
②インテリアに合わせて部屋のコンセプトを決める

 

など、部屋から決めても、インテリアに合わせて決めることも、どちらでも自由自在に計画することができます。

プランニングからインテリアのことも考えると、リノベーション後に「なんか違う!」といった事態になることはほぼないでしょう。

よっさん「そういうこと!プランニングがしっかりしていれば特別心配することはないんです!」

まきの「勉強になる〜!」

 

 

インテリアを選ぶポイント

よっさん「では、リノベーションをおこなう場合の、インテリアを選ぶポイントについて考えてみよう!」

きりた「うーん。ポイントかぁ。」

まきの「難しいな〜。」

よっさん「では、私から一つだけ提案をしよう!」

 

・リノベーションの前に確認しておくこと

よっさん「インテリアを選ぶポイントと言いますか、リノベーションの前に必ず確認してほしいことがあります!」

リノベーションは世界に一つだけのお部屋のデザインが決まるものですので、事前確認を怠らないようにしましょう。

 

①居住地のサイズや構造

まず一つは居住地の内部構造や広さを把握する必要があります。

ほとんどのリノベーションで間取りが変わると同時に1部屋あたりの広さも大きく変わります。

取り入れたい家具のサイズとしっかり合うか、角度は合っているかなどの確認が必要です。

もちろん造作家具であってもミリ単位で寸法を細かく決めましょう。

 

②家具の機能性

家具の機能性も確認項目として押さえておきましょう。

例えばいくらデザイン性が良くても、収納スペースが小さい、取っ手部分が掴みにくいなどの暮らしの不便性が生じては意味がありません。

せっかくリノベーションをするのですから、子供がいるご家庭なら子供が大きくなっても困らない収納スペースの確保、友人が多く集まりホームパーティをおこなう機会があるのならばキッチンスペースの充実性が必要となります。

その人のライフプランに合ったリノベーションを入念に計画することが大切です。

 

きりた・まきの「おぉぉぉ!さすが社長!!!」

よっさん「そんなに褒められると照れるじゃないかー。笑」

 

まきの「ではそれを踏まえた上で私からの提案があります!」

 

・おしゃれな部屋にするポイント

まきの「リノベーション後はおしゃれな部屋にしたいという気持ちが大きいかと思います。そこで私からはおしゃれな部屋にするポイントをご紹介します!」

リノベーション後、おしゃれな部屋にするためには、「何を基準にするか」が大切です。

 

「部屋のテイスト」を基準にするのか
「お気に入りの家具」に合わせて部屋を決めるのか

 

せっかくお部屋をウッディーな雰囲気に仕上げたのに、家具は大理石の高級感があるものを置いてしまっては統一感がなく、リノベーションが台無しになります。

大まかにどういったお部屋を目指すのか、それに合った家具はどんなものがあるのか目を通し、どちらを土台としてリノベーションを計画するのかをしっかり決めましょう。

 

きりた「両方を同時に考えてしまうと手詰まりですし、系統がバラバラになる可能性もありますよね!」

よっさん「よしよし、その調子!」

きりた「じゃあ、おしゃれな部屋にするポイントとして”部屋との調和”も重要になってきますね!」

 

・部屋との調和を考える

きりた「部屋との調和と言っても、全てが同じ色だとそれはつまらない部屋になってしまいます。」

 

①同系色でまとめれば清潔感がある

同じ色ではなく、同系色にすれば統一感を表現すると同時に、清潔感もあるため居心地の良い空間になること間違いなしです。

統一感があることで、部屋全体がシンプルになり飽きることもないでしょう。

ただし、同系色と言っても、色のパターンが少ないと単調なデザインとなるため注意が必要です。

 

②アクセントカラーを活用する

日本語で言うと「強調色」となりますが、全体の色調に少しだけ変化をつけたり、他のメインカラーを引き立てたりする役割があります。

シンプルなデザインかつ、少し遊び心がある方が特別感があり、家に帰るのが楽しみになるでしょう。

このアクセントカラーは面積が小さいもの、例えばクッションや扉など、ちょっとしたものに利用することで、目立ちますし、全体のバランスを取ることができます。

部屋全体が落ち着きのある色であれば、アクセントカラーは派手目な色。
明るい部屋のデザインであれば、アクセントカラーは落ち着きのある色。

変化をもたらすことが大切なので、色調は逆になるようにすると良いでしょう。

 

③デザインを統一させる

アジアン、モダン、アメリカンなど家具のデザインはさまざまあります。

色を統一させる他にデザインのテイストを整えることもリノベーション成功の秘訣です。

もしスタイルで揃えることが難しいようであれば、家具メーカーを統一させると良いでしょう。

メーカーによってその家具の材料や、テーマが異なりますので、メーカーを揃えるだけでも十分に部屋全体が整うためおすすめです。

 

まきの「なるほど。色や家具そのもののデザインを気をつけることも一つの方法ですね!」

 

 

リノベーションで失敗しないために

よっさん「では今回の新人教育はここまで!」

きりた「え?これって新人教育だったんですか?笑」

まきの「社長とたくさんお話できて楽しかったです!!」

よっさん「デザインはとにかく楽しむこと!私も新入社員のフレッシュな空気を取り入れることができて楽しかったですぞ〜!」

きりた「早くリノベーションの依頼来ないかな〜!」

まきの「たくさん勉強できて、早くこの知識活かしたい!」

よっさん「じゃあ、またの機会まで新人教育をお楽しみに〜!」

 

今回はリノベーションのインテリアについてご紹介しました。

ちょっとだけ工夫すると、世界にたった一つしかないおしゃれな部屋が完成します。

ぜひ、リノベーションをする際はインテリアにこだわってみてください。

もちろん、スーパーボギープランニングはインテリアコーディネートもできちゃいます♪

お気軽にお問い合わせくださいね〜!

リノベーションで空き家対策!?リノベーションで未来を広げよう!

主人「この空き家どうにかならないかな〜。親が住んでいたけど、さすがにもう手放したい!!」

奥様「そうよね〜どんどん価値が下がるし、遠くて私たちもなかなか管理できないわよね〜。」

主人「売却するにしてもこんな古い家誰も買い取ってくれないよな〜!あぁ〜。」

 

よっさん「空き家ですと!!どうされましたかご主人!!」

主人「よっさん!タイミング良いね〜!そうなんだよ〜空き家で困ってて…。」

奥様「売りたくても不動産屋さんに断られてばかりだし、解体するのも費用がかかるし…。」

 

よっさん「なーるほど!!それでは【リノベーション】で空き家対策をするのはいかがでしょうか!?」

主人・奥様「リノベーション?」

 

2019年現在、日本の空き家は1,000万戸を超え空き家問題は年々深刻化しています。

今回はよっさんと一緒に空き家対策について考えていきましょう!

 

 

どうして空き家が増えているの?

よっさん「まずはなぜ空き家が増え続けているのかを少しだけ触れておこう!」

実は空き家が増え続ける理由は大きく分けて2つあります。

 

 

原因①|高齢化問題

高齢になるにつれて、戸建をずっと管理していくのが厳しい環境になることも多いでしょう。

例えば、子供と一緒に二世帯住宅に引っ越す、高齢者住宅に移るなど、さまざまな理由で家を手放す方が年々増加しています。

それと同時に空き家も比例して増えていくため、空き家問題と高齢化問題は密接に関係しているのです。

 

よっさん「庭の手入れや、雨漏りなど高齢者にとって戸建の管理はとても厳しいものなのです…。」

 

 

原因②|空き家の使途が明確になっていない

両親が持っていた家を子供が相続するということも多いでしょう。

子供が相続すればそれも一つの解決方法なのでは?と考える方もいるかもしれませんが、実はそう簡単なお話にはなりません。

子供も新築の家を建てたり、マンションやアパートで十分と考える方もいます。

また、相続したとしても居住している場所から離れていて、なかなかしっかりと管理できない環境に置かれ、そのまま放置されているという場合もあります。

そのため、相続したはいいものの、空き家の使途が明確に定まっていないまま年月が過ぎ、資産価値がどんどん減少しているのが現状問題です。

 

よっさん「先ほどの夫婦のように、資産価値が減少している物件だと売却したくても不動産屋に相手にされないこともあるのです!」

 

 

リノベーションは空き家対策の最善策!

では、空き家問題について少し学んだところで、なぜ空き家対策にはリノベーションなのかを解説しましょう!

よっさん「リノベーションは良いことだらけなんです!」

 

 

①新築のように生まれ変わる!

まずは、リノベーションをすることで新築のように生まれ変わるのが何よりのメリットですね。

内装が綺麗になることももちろんですが、間取りや段差、収納スペースなど現代仕様に変更することが可能です。

そのため、住みやすさや魅力が高まり資産価値が高まります。

 

また、リノベーションは言い換えると「世界にたった一つしかない家」と捉えることもできますよね。

似たり寄ったりの内装ではなく、「その家にしかないリノベーション」なので、新築よりもリノベーションを好むユーザーも実は多いのです。

 

よっさん「どうしても古い家だと住み心地が悪かったり、清潔感に欠けてしまう部分があるので、その弱点をリノベーションで解決しましょう!」

 

 

②使途の幅が広がる

そしてリノベーションをすることにより、その家の使途が広がります!

空き家をリノベーションしてそのまま住宅にするのはもちろん、カフェやサロン、シェアハウスなどにアレンジすることも可能です。

 

今までは一般的な家だったものが、お店やちょっとしたシェアハウスに生まれ変わるなんて素敵だと思いませんか?

よっさん「リノベーションの可能性は無限大!リノベーションで借り手や買い手が見つかりやすくなるのが良いですよね!」

 

 

③倒壊・犯罪の危険性が減る

空き家はそのままにしておくと、倒壊の危険性が高まると同時に、犯罪の温床にもなります。

建物はいくら内装を綺麗にしていても、劣化は早まりますし、空き家を放置することで放火の対象としても狙われる確率が高いのです。

 

主人「空き家は自分たちだけの問題だと思っていたけど、実は近隣住民のみなさんに迷惑をかけていることもあるんだね…」

よっさん「そこで登場するのが【リノベーション】です!」

 

リノベーションをして、借り手や買い手を早めに見つけることができ、建物がようやく生まれ変わります。

結果的に、建物の倒壊や犯罪の危険性が減ることに繋がるのです。

 

 

リノベーションで空き家対策!その前に注意するべきこと!

もちろんリノベーションは良いことばかりではありません。

リノベーションを始める前にしっかりと注意点を把握した上で検討してくださいね。

 

 

①費用がかかってしまう

リノベーションをするとなるとどうしても費用がかかってしまいます。

新築の場合であれば、設計した通りに家を建てるので予算内で住むことが可能です。

しかし、リノベーションとなれば、実際に解体してみないとわからなかった建物のダメージが見つかることもあります。

 

例えば、一見綺麗そうな壁でも、剥がしてみたら水漏れが酷い、柱や断熱材が腐っているなど、見た目では判断できない内部の損傷です。

そうなると想定外の補修費が重なり、予算をオーバーしてしまう可能性があることを念頭に置いておきましょう。

 

よっさん「極力、事前調査で全ての問題を把握したいですが、現実は厳しいのが正直なところ。その点を理解した上で、リノベーション工事を検討するようにしましょう!」

 

 

②建物の構造によって不可能なこともある

基本的にリノベーションは建物の全体を改修することになりますが、「できること」と「できないこと」が生じます。

マンションなら上下、隣の部屋に居住している方の迷惑にならない範囲での工事となることや、戸建でも構造の面から取り除けない柱が存在するので希望に添えないこともあります。

しかし、この点に置いては事前調査の中で「できること」と「できないこと」の線引きができますので、お客様の満足できる内装に近づくことが可能です!

 

よっさん「安心・安全をお約束しつつ、お客様の理想のリノベーションを叶えますよ!」

 

 

③耐久性への不安

注意してほしい点として3つ目は「築年数」です。

実は「建築基準」というのが定期的に改正されているため、古い物件だと現在の基準を満たしていない場合もあります。

特に日本ですと自然災害が多い国ですので、耐震性の面にから基準を満たすため耐震対策を施さなければならない状況となり、新築よりも費用がかかってしまうこともあり得るのです。

1981年6月には建築基準が大幅に改正され、耐震基準について大きく見直しがされたためさらに注意が必要です。

 

ただ、古い物件だからと言って全ての建物が基準を満たしていないという訳でもなく、建築基準の改正を見越してかなり高い基準の耐震性を備えていることもあります。

リノベーションを行う前には専門家に確認することが一番の安全策です。

 

 

リノベーションで空き家対策!SUPER BOGEYの作品例はこちら!

弊社はリノベーションにも力を入れています!

SUPER BOGEYなら空き家がこーんなに素敵に生まれ変わっちゃうんです!

 

よっさん「本当に空き家だったの!?と疑ってしまうほどの出来栄えです!ドヤ!」

 

 

HAJIMARU

こちらはコミュニティーサロン兼自宅となった「HAJIMARU」。

月一回解放される出会いの場に生まれ変わっちゃいました!

コミュニティースペースとしてはもちろん、ゲストハウスとしても利用できるような間取りに仕上げているのが魅力です。

古民家のアットホームな空間を残したまま、新しい空間が出来上がったのはリノベーションならではですね。

【HAJIMARU を見てみる!】

 

 

Holiday Villa GREEN GARDEN

休日にほっと一息帰る場所がテーマのゲストハウスです。

各棟は色使いにこだわって落ち着きのある空間に仕上げています。

大人数の仲間同士で、ファミリーで、カップルで、さまざまなシチュエーションが楽しめるリノベーションコテージはここだけ!

【Holiday Villa GREEN GARDEN を見てみる!】

 

 

cafe franc

古民家の見た目はそのままに、中に入ればこだわりのあるおしゃれなカフェです。

夜になれば暖かく灯るライトが良い雰囲気を醸し出しています。

まさか空き家がこんなにおしゃれなカフェに生まれ変わるなんて!

リノベーションは夢が広がりますよね。

【cafe franc を見てみる!】

 

 

SooS HOUSE

こちらは古民家をリメイクした珍しいレンタルハウスです。

立地としては周辺の観光もできるので、レンタルハウスはとても需要がある空き家の活用方法ですよね。

よっさん「別荘の感覚で楽しむことができるので、ちょっとした休日にもいいかも!」

【SooS HOUSE を見てみる!】

 

 

リノベーションで空き家対策をしよう!

リノベーションは空き家が新しく生まれ変わる最高の対策方法なのではないでしょうか。

その家のいいところを残しつつ、現代風のテイストを取り入れられるのもリノベーションの魅力の一つです。

空き家をどうしようか悩んでいるみなさんにはリノベーションも一つの案としてぜひご検討していただければと思います。

反対に、これから起業しようか考えていて、初期費用があまり用意できないという方は、空き家を利用すると費用を抑えられることもあるのでおすすめ!

 

よっさん「空き家問題を【リノベーション】で解決しませんか!?」

ご相談はスーパーボギープランニングまで!

歯科医院にキッズルーム必須!?キッズルームがもたらす効果をご紹介!

歯科医「子供がいる患者さんがあんまり来てくれないな〜。」

受付のお姉さん「そうですね〜。子供がいても保護者が気楽に通えるような何かいい方法ないですかね〜。」

 

よっさん「はいは〜い!私がその問題解決しましょう!」

歯科医「あー!よっさんだ!どんな案があるんですか!?」

よっさん「ふふふ。この問題を解決するために【キッズルーム】を設置しましょう!」

歯科医・受付のお姉さん「キッズルーム!?」

 

 

定期的な歯科検診、突然の歯の痛みに襲われて病院に行きたいけど子供が…という理由で足が遠のいてしまう保護者が多くいらっしゃいます。

中には「うちの子が元気すぎるから連れて行っても迷惑になってしまう」と気遣ってしまう保護者もいるのが現状です。

そんな問題を解決するべく、最近どんどん増えてきているのが「キッズルーム付きの歯科医院」!!

今回はよっさんと一緒に、キッズルームがある歯科医院についてご紹介します。

 

 

なぜキッズルームがおすすめなの?

小さいお子様がいるご家庭は、どこへ行くにしても安心して連れて行ける環境があるかどうかを自然と考えてしまうものです。

歯科医院ならなおさら「待合室でぐずつかれたら周りの迷惑になるし、また今度にしよう」と、病院の静かな雰囲気のことを考え、諦めてしまう保護者も多いのではないでしょうか。

 

よっさん「そこで解決策として【キッズルーム】を設置しましょう!」

 

そもそもキッズルームとは「小さいお子様が遊ぶ目的として設置された共有スペースのこと」を言います。

このキッズルームを設けることによるメリットを5つご紹介します。

 

 

①保護者の通院が気軽になる

まずは何と言っても保護者の子供への負担が軽減されることが第一のメリットです。

「子供も一緒に連れて行かなきゃ〜」と億劫に感じていたものが、

「治療してもらっている間はキッズスペースで遊ばせておけばいいか」と気持ちが軽くなりますよね。

 

それと同時に、子供専用スペースが設けられていることによって「安心と安全」も保証されているので、保護者にとっては嬉しいことだらけ。

他の患者様の邪魔になりませんし、大きな大人にぶつかって怪我をしてしまうなんていう危険性も減りますよね!

このようにキッズスペースは保護者の通院を継続させる重要な鍵と言えるでしょう。

 

よっさん「大人も子供も安心して過ごせる空間作りが大切なんだよ!」

 

 

②他院との差別化

メリット2つ目は「他院との差別化」です。

最近だとキッズルームを設ける歯科医院は増加傾向にありますが、それでも子供をもつ保護者の数を考えるとまだまだ追いついておりません。

そのため、今すぐにでもキッズルームを設置すれば他院との違いをアピールすることができます。

そして、歯科医院のキッズスペースの情報はママ友同士の口コミやSNS、ブログなどで、いつ拡散されてもおかしくない状況です。

 

受付のお姉さん「そうなると、キッズルームがある歯科医院を選ぶということも少なくないだろうな〜」

よっさん「その通り!キッズルームがあるかないかで保護者の負担は大きく変わるので、通院を続けるなら便利な方を選ぶというのが一般的でしょう!」

 

 

③キッズルームは視覚的に訴える安心感

キッズルームがあることで、視覚的な安心感を与えることができます。

言い換えると「子供でも安心して過ごせる歯科医院」ということをキッズルームを通して伝えられるということです。

治療方法や先生の患者への対応ももちろん大切ですが、病院内の設備を気にしている患者様も多くいらっしゃいます。

 

総合的にみて、「ここは信頼できる歯科医院か」を言葉ではなく視覚的に伝えるのは効果的な方法と言えるのです。

 

 

④簡単・低コストでキッズルームを設置できる

歯科医「でも今からだとすでにある待合室にキッズルームを設置する費用がかかりそうだな〜」

よっさん「その心配は無用!キッズルームは簡単・低コストで設置できちゃいます!」

そうなんです!キッズルームは意外と簡単にできてしまうのが魅力的で、例えば以下のような材料を揃えればあっという間に完成します。

 

・ジョイントマット
・キッズコーナーセット
・絵本
・おもちゃ
・お絵かきセット

 

最低限のキッズルームを設置するということであればこのくらいあれば十分素敵なスペースを作ることができます。

また、いずれもホームセンターやアマゾンなどで購入することができるので低コストです。

よっさん「特にキッズコーナーセットだと、これ一つ購入すれば立派なキッズルームが完成するのでおすすめ!」

 

 

⑤小さなお子様の歯科医院への抵抗軽減

小さなお子様にとって歯科医院は恐怖の敵とも言える存在かもしれませんね。

お子様の中には歯科医院へ行く前から何かを察知して「いやだ!!行きたくない!!」とごね始めることも多いのではないでしょうか。

そんなお子様の抵抗を少しでも軽減させるべく効果的なのがキッズルームです。

 

保護者の方にメリットがあると同時に、実はお子様にも抜群の効果を発揮します。

一般的な院内だと治療器具のあの嫌な音が響き、待合室にいる患者様もみなさん静かに過ごすため、子供から見ると「楽しくない場所」と捉えてしまいがちです。

しかし、キッズルームを設置すると、色合いがカラフルだったりおもちゃがたくさん揃えられているため、子供はその空間に引き寄せられます。

遊びに夢中になってしまえば嫌な音も気にならなくなりますし、治療前に少しだけでも不安が解消されるはずです。

「歯科医院=遊べる場所」という認識をさせることができれば嫌がることも少なくなり、結果として保護者の負担も減らすことができます。

 

よっさん「歯科医院ではなく、キッズルームにどれだけ子供の意識を移すことができるのかが重要です!」

 

 

キッズルームを導入する上で注意するポイント

歯科医「よし!じゃあキッズルームを早速設けるとしよう!」

よっさん「待って!キッズルームを設置するにあたって気をつけるべきこともしっかり把握することが大事だよ〜!」

 

今までの待合室などのスペースを活用して、もしくはこれから新しく歯科医院を開業するにあたってキッズルームを設ける場合、注意点を押さえておきましょう。

 

 

①設置スペース・場所

設置スペースについてはキッズルームを導入するにあたって、対象となる子供の年齢層や人数をあらかじめ想定しておくことが必要となります。

すでにある歯科医院の院内にキッズルームを設けるということでしたら、普段の患者様の年齢層を把握しておけばどのくらいのスペースを確保すれば良いという結論に至るでしょう。

これから開業する場合は、開業場所の地域特性を調査しておくとある程度は想定できるかと思います。

 

また、設置場所については可能な限り待合室にするのが一般的です。

保護者の目に届く位置であることはもちろん、保護者が治療中の時も大人が大勢行き交う場所に設置することで万が一の場合に備えることができます。

もし、離れた場所に設置するということであれば、キッズルームにカメラを取り付け、モニターで確認できる環境を作り出せば安心安全です。

 

 

②定期的なメンテナンス

子供が使う遊び場ですから定期的なメンテナンスも必須です。

衛生面を考慮して毎日の掃除や壁紙の張り替え、おもちゃが壊れていないか、絵本が破れていないかなどをチェックしましょう。

また、おもちゃについては子供が飽きないようにおもちゃの入れ替えも定期的に検討すると、口コミなどで情報が広まることも期待できますよね。

 

 

③事故・トラブル防止

病院内で怪我などの事故やトラブルを未然に防ぐためにも、徹底して対策を行いましょう。

 

①床
転んでも怪我をしないようにクッションブロックやジョイントマットを使用する。

②電源コンセント
小さなおもちゃや指を入れて子供が感電してしまわないように、電源コンセントは手の届かない場所や見えない場所に設置する。

③電化製品・家具
テレビや本棚などの設備は、もし地震が起きても倒れないようにしっかり固定させる。

④設置スペース
突然、子供がキッズルームから飛び出して怪我をしないように安全柵やクッションブロックなどで囲う。

 

よっさん「子供は予期せぬ行動をしてしまうものです。細心の注意を払いましょう!」

 

 

④クリニックの雰囲気と統一させる

意外と抜け落ちてしまうのが「統一感」です。

 

・病院内がパステルカラーで統一されているにも関わらず、キッズルームはシックな色合いで作られている

・クリニックのおしゃれな雰囲気を損なってしまうくらいキッズルームが散らかっている

 

などといった理由で統一感が失われてしまっては、保護者からの評価を得ることは難しいでしょう。

また、出来るだけ外からでもキッズルームが見えるような配置にしたり、こだわりのあるキッズルームを設置すると「またあそこで遊びたい!!」と子供の興味を引くことができます。

 

よっさん「何よりも子供がまた行きたいと思ってくれるようなキッズルームを設置することが大切ですね〜!」

 

 

SUPER BOGEYのキッズルームを見て見て!

では、参考までに弊社がプロデュースした歯科医院のキッズルームをご紹介しましょう!

 

よっさん「よっさんこだわりの歯科医院ですぞ〜!」

 

 

たけし矯正こども歯科

一歩足を踏み出せば、親子でワクワクしてしまうような楽しい空間が特徴です!

院内のいたるところにかわいいアヒルを登場させ、治療中も緊張感がなく過ごせるでしょう。

キッズルームはもちろん、院内の雰囲気に合わせたパステルカラーで統一させています。

よっさん「実はホームページもプロデュースしました!良かったら見て見て!」

https://takeshi2017.com/

 

いしだ矯正こども歯科

「イッシー隊」というキャラクターが特徴的なこちらの歯科医院さん!

院内は落ち着いたブラウンカラーの雰囲気をベースに、かわいいインテリアをバランスよく設置。

キッズルームは子供の安全を確保するためクッションブロックで囲いました。

よっさん「テレビは子供の手の届かない場所に設置しているため、ぶつかる心配もありません!」

https://ishida418.com/clinic/

 

星ヶ丘デンタルプラス

1階は小児歯科医院、2階は託児所やカフェなどがついた保護者には嬉しい施設です!

こちらはキッズルームを超えて「託児室」を設けております!

ベテランの保育士さんもしっかりついているので、安心して治療に専念できますね。

よっさん「まさにこだわりのある歯科医院です!用事がなくても行きたくなってしまいますよね〜!」

http://dental-plus.or.jp/

 

 

キッズルームで魅力アップ大作戦!

遊び盛りの子供はほんの少しの時間でもじっとしていられないことがほとんどでしょう。

「元気に遊んでもらいたい」「歯科医院を怖がらずに来て欲しい」という願いを叶えられるのが「キッズルーム」です。

これから開業しようと思っている方、キッズルームを設置しようか悩んでいる歯科医院の先生方にはぜひこの記事を読んで参考にしていただければと思います!

 

よっさん「【キッズルーム】であなたの歯科医院の魅力がアップするかもしれませんよ〜!」