1. TOP
  2. 豆知識いろいろ

豆知識いろいろ

豆知識いろいろ

【名古屋から学ぶ】店舗デザインの魅力やご当地愛が伝わるポイント紹介!

みなさんお久しぶりです!SUPER BOGEYのたまごです( ´ ∇`)!

今年は例年に見ないほどの『暖冬』で、私は早くも春を先取りしている気分ですが、みなさんはいかがですか(๑`·ᴗ·´๑)?

それはさておき…

私が最近仲間入りをさせてもらった『SUPER BOGEY PLANNING』は日本のどこにある会社かご存知でしょうか?

正解はあのお城で有名な【名古屋】です!!!

今回は名古屋の店舗デザインについてご紹介しようと思います♪

 
 

名古屋ってこんなところ!

たまご「名古屋について紹介する前に、先にお伝えすると、私は【北海道出身】です!!」

よっさん「え!名古屋に住んだことも、もしかして…(;▽;)?」

たまご「実はありません!!!!!( ´ ∇`)」

よっさん「えぇぇぇ!名古屋に住んだことないのに、名古屋のことを紹介しようとするなんて!」

たまご「いえ( `ω ´ )!むしろ、名古屋のことを知らないからこそご紹介したいですし、私は旅行・ご当地グルメ大好き女子なので、ぜひお任せください!」

店舗をデザインするなら街を知らねば!

名古屋の店舗デザインについて紹介する前に、まずは「名古屋がどんなところか」をお話しておく必要があるでしょう!

そもそも店舗のデザインというのは、オーナーの思いや周囲の環境などを考慮して決められます。

もちろん、同じ名古屋でも場所によって雰囲気が変わることもありますが、名古屋歴0年の私と一緒に学びましょうね( ´ ∇`)

■名古屋城は外せない!

名古屋と言えば名古屋城!名古屋城と言えば金のシャチホコ!と言っても過言ではありません。

実は名古屋城はもともと「名古屋城」ではなく「柳ノ丸」から始まって、「那古野城」へ改名、そして現在に至ります。

ちなみに、那古野城へ改名したのは織田信秀であり、織田信長はこの那古野城で生まれたとされています。

2006年4月6日には日本の百名城にも選ばれ、愛知県民にとっては名古屋城は代表するシンボルとも言えるのです( `ω ´ )!
 
 
■新しい観光スポット『金シャチ横丁』

名古屋城の周辺に新しくできたグルメスポットが「金シャチ横丁」です。

江戸時代の城下町をイメージしたとされる街並みは、行かないと損!

名古屋城を楽しみつつ、名古屋のご当地グルメを堪能できるなんて一石二鳥ですね( ´ ∇`)

ちなみに、金シャチ横丁は伝統グルメを味わえる「義直ゾーン」とちょっと新しくておしゃれなグルメを楽しめる「宗春ゾーン」に分かれているので、ぜひそれぞれのゾーンを満喫して欲しいです!
 
 
■名古屋港水族館で『シャチ』に会おう!

意外と外せない観光スポットが「名古屋港水族館」です!

なんとここでは「シャチ」を見れるとのこと!

たまご「ちなみに、【シャチホコ】と【シャチ】には何も関係がありません(๑`·ᴗ·´๑)」

よっさん「え!?そうなの!?シャチのご先祖様がシャチホコかと思っていたが…」

もともと、シャチは昔の中国人が考えた空想上の生き物で、明治時代に日本人が実在する動物に「シャチ」と名付けたのが始まりなのです。

城の上に存在する「シャチ」は空想上の動物を具現化したものなので、動物のシャチとは別物になります。

そんな歴史あるシャチを名古屋の港水族館で見ることが可能です!

名古屋の繁華街と言えば『栄』

名古屋市民および、観光客に馴染みのある一番の繁華街は「栄」です。

たまご「栄を知ることで名古屋の雰囲気をより一層感じられると思います( `ω ´ )!」
 
 
■久屋大通公園と札幌大通公園が似ている!?

たまご「よっさん!実は私、びっくりしていることがあるんです!」

よっさん「どうした(゜ロ゜)!?」

たまご「私の故郷である【札幌】と【名古屋】の街並みがそっくりなんです(゜ロ゜)」

よっさん「えぇぇぇ!!!」

そうなんです!名古屋の繁華街である栄に「久屋大通公園」がありますが、札幌にある「大通公園」ととても似ているんです。

北海道出身の私から見ると、何だか懐かしい気持ちになりますね( ´ ∇`)

公園の配置から、シンボルである「テレビ塔」までそっくりですが、どっちが先なの?という疑問が出ますよね!

歴史的に言うと、大通公園が先にできたのは「札幌」、テレビ塔が最初に完成されたのは「名古屋」です。

どちらかが一方的に真似たという話ではないようですね(゜ロ゜)

また、久屋大通から栄駅までの間は地下街が発達していることも札幌と似ています!

札幌の場合だと、さっぽろ駅からすすきの駅まで「地下歩行空間」が整えられており、雨の日でも楽に移動ができちゃうんですよ♪
 
 

名古屋から学ぶ店舗デザインの極意

たまご「さて、名古屋についてざっくり学んだところで!いよいよ地域に密着して、名古屋の店舗デザインを学んでいきましょうか!」

よっさん「名古屋は、ご当地愛が溢れる店舗もあれば、イマドキなお店までずらっとあります!」
 
 

カリフォル肉酒場

名古屋駅から徒歩10分の場所にある『カリフォル肉酒場』!

「カリフォルニア」と「横丁」がコンセプトのこちらのお店は外観からすでに迫力満点ですね。

室内でバーベキューを楽しめるため、その手軽さが人気を呼んでいます。

店名である「カリフォル肉酒場」と言っているだけあって、メニューは肉、肉、肉のオンパレードです( ´ ∇`)

肝心の店舗はと言うと、外観は横丁をイメージして提灯が多く飾られています。

その飾っている提灯には「シャチホコ」が描かれているこだわりが!!

たまご「名古屋への愛が熱いですね〜( ´ ∇`)」

室内は、カリフォルニアを連想させるかのような内装で、本格的なグリルもしっかりと設置されています!

外観を目立たせることでお客さんの目を引き、さらに店内も雰囲気を損なうことなく徹底しているのは勉強になりますね♪

公式:カリフォル肉酒場
 
 

注文の多い雑貨店

店名からインパクトのある雑貨屋さんですね。

こちらも名古屋市にある一風変わった雑貨屋さんで、商品の品揃えは驚くほど多く、さらに見たことがないものばかり。

店舗の外観自体は派手なものではありませんが、店名に心を惹かれて立ち寄っていくお客さんも多いんだとか。

ちなみに、店主は「他とはちょっと違う面白い雑貨」を毎日こだわり抜いて仕入れています。

ここから、「自分が店に対して、注文が多い」という理由で現在の店名になっているとのことです。

たまご「雑貨店は他の店にないものが置いてあると自然に興味が湧きますよね♪」

よっさん「店名も一つの店舗デザインです!外観や内装、そして店名が上手くマッチしているかもデザインを決める上での指標として重要視するべきところでしょう!」

公式:注文の多い雑貨店
 
 

コンパル

愛知県民と言えばとにかく「喫茶店」が大好き!

その中でも存在が大きい喫茶店が『コンパル』。

代表的なメニューが「エビフライサンド」で、【名古屋めし】の一つとしても位置付けられているほど、愛知県民にとって欠かすことのできない食事メニューです。

エビフライ以外にも、味噌カツサンドや玉子サンドなどサンドイッチメニューが豊富!

そんなコンパルの外観は至って普通の喫茶店ですが、むしろこの普通さが温かい気持ちになりますよね。

「ちょっとコンパルで一休みするか〜!」

たまご「そんな声が聞こえてきそうなコンパルの店舗は、昔ながらのこだわりあるデザインと言って良いでしょう!」

公式:コンパル
 
 

名古屋名物と店舗デザインはよく絡み合う

たまご「それでは、先ほど少しだけ名古屋名物の話も出てきましたが、実は名古屋のソウルフードは店舗デザインとよくマッチしているんですよ〜( ´ ∇`)」

よっさん「SUPER BOGEY PLANNINGは名古屋を支える店舗のデザインに多く携わっているんです!」

たまご「え!よっさんすごい!」

ここからは名古屋への愛が伝わる店舗デザインをご紹介しましょう。
 
 

矢場とん

名古屋と聞いて絶対に捨てられないご当地グルメが「味噌カツ」ですよね( `ω ´ )!

そして、名古屋の味噌カツNo.1は、『矢場とん』に決まり!

実はインテリアデザインから全てSUPER BOGEY PLANNINGはお任せいただきました。

矢場とんの象徴である「ぶーちゃん」を店外、店内に多くデザインし、椅子にもぶーちゃんが顔を出しておりとっても可愛らしいです。

リニューアルした矢場とん本店にぜひお越しください♪

公式:矢場とん
 
 

スパゲティハウス チャオ

名古屋名物はまだまだたくさんあります。

名古屋でしか見ることのできない「あんかけスパゲティ」はまさにご当地グルメにふさわしいメニューでしょう。

あんかけスパゲティは見た目が「オレンジ色」なことから店舗の外観や内装も「オレンジ」や「茶色」で統一されています。

これで「あんかけスパゲティのお店!」と一目でわかりますよね( `ω ´ )

公式:スパゲティハウス チャオ
 
 

ひつまぶし 稲生

最後にご紹介するのは『ひつまぶし 稲生』です。

店内や外観だけでなく、ロゴや販促物も手掛けさせていただきました!

落ち着いた雰囲気を損なうことなく、ちょっと可愛らしく馴染みやすいデザインにすることで「ひつまぶしのお店って何となく入りにくい…」というイメージを払拭することができるのです。

ぜひ稲生のひつまぶし食べてみてはいかがでしょうか。

公式:ひつまぶし 稲生
 
 

名古屋の店舗デザインはこだわりがたくさん!

ここまで、名古屋ならではの店舗デザインについてご紹介しました。

私が北海道出身だからこそ、県外からみた名古屋についてご紹介すると同時に、名古屋への愛が詰まった店舗が多く、学ぶことがたくさんありましたね( ´ ∇`)

名古屋市民の方はもちろん、名古屋へ観光で来られる方も少し意識して店舗のデザインを観察してみてはいかがでしょうか

デザインは収益性事業?デザイン業界のあれこれを知りた〜い!

初めまして!

最近、SUPER BOGEYの仲間入りをさせてもらった「たまご」と申します(〇^∀^〇)

建築やデザインなどの勉強中ですが、調べれば調べるほど奥が深くて、毎日楽しいです!

さて、今回はテーマがちょっと難しいですが「収益性事業としてデザイン業界どうなの!?」というお話をしていこうと思います!

たまご「よっさん、よろしくお願いしま〜す( ´艸`)!」

よっさん「はいは〜い!今日も楽しく学びましょう!」

 

 

デザインにはどんな役割があるのか?

たまご「デザインってあらゆる事業に関わってくる大切な一つの【階段】だと思います(◎`・ω・´)ゞ!」

私は趣味でカフェ巡りをするのがとても好きなのですが、同じカフェであっても店の雰囲気やメニュー、訪れるお客さんがみんな違います。

もちろん、経営者がみなさん違いますので、違った店舗ができあがるのは当たり前のことかもしれません。

しかし、店の個性を出すためには店名やコンセプトだけでなく、「店舗のデザイン」が必要不可欠だと思います!

例えば、AとBの2つのカフェがあったとしましょう。

 

Cafe A

コンセプトやイメージ
・誰でも気軽に入れるカフェ
・大人から小さな子供まで
・メニューは幅広く
・店の外観は可愛らしく
・テラスも用意

店舗デザイン
・店内および外観はかわいいキャラクターを採用
・テラスには子供でも遊べる空間を
・大人の方にも喜ばれるよう店舗の色合いは統一させる

 

Cafe B

コンセプトやイメージ
・大人向けの静かな空間
・上品なメニューを揃える
・コーヒーにはこだわりを徹底
・高級感のあるカフェ
・店内にはアンティーク物を揃える

店舗デザイン
・上品なイメージどころか、外観はカラフルで賑やかなデザイン
・看板のフォントも幼稚なデザインで高級感が伝わらない

 

さて、どちらの店舗の方がコンセプトやイメージに合ったデザインだと思いますか?

もちろん「A」ですよね(〇^∀^〇)

 

デザインは依頼者のイメージしている理想や思い、「こんな感じがいいな」というふわっとした考えなどを、「形」に表すことができます。

今回は簡単な例え話を挙げてみましたが、依頼者の思いをどのようなデザインで表すかによって、カフェに来てくれる顧客層も大きく変わってくるのです。

せっかく依頼者が住宅街の多い場所で、ファミリー層を狙ってお店をオープンしても、店舗の外観がごちゃごちゃしていたり、子供は落ち着かない空間となってしまっては意味がありませんよね。

顧客層さらにはその店舗の将来すらもかかっている店舗デザインは、そのような重要な役割を担っています。

 

 

デザインで何を達成させるかが重要

たまご「デザインはそのような重要な役割を担っているがゆえ、【オリジナリティ】がより一層求められているのです!」

つまり、「差別化」を徹底しなくてはデザイン業界で生き残れないような時代になってきています。

ただ、デザインをするだけでなく、付加価値として「そのデザインで最終的にどんな結果を得ることができるのか」を考えることがますます重要となるでしょう。

そのデザインが店のシンボルとなり話題性を生むのか、デザインが収益性を生み出すのか、それによって自分や周囲がどんな変化をもたらすのか、そういったところまで考えられると「デザインの価値」がどんどん高まるのではないかと考えます!

 

デザイン業界の将来性

よっさん「デザイン業界の今を知ったところで、次は未来について考えましょう!」

たまご「デザイン業界の将来性を考えると、今何をすべきなのか自ずと見えてくるかもしれません!」

 

デザインの需要は高まる

デザインと言ってもさまざまですが、全体的に見ても需要は高まることでしょう。

例えば、webデザインについて、インターネットが年々普及していく日本はさらにwebデザイン市場が拡大していくと言えます。

情報のわかりやすさだけでなく、見た目やサイトの使いやすさ、キャッチーな印象など、全般的にユーザーの心を奪うようなweb制作が必要です。

しかし、以前はwebデザイナーの存在が希少として扱われていましたが、今となっては希少価値が徐々に低下しているのが現実。

前述したとおり、自分自身のデザインにどんな魅力を持たせるかが重要となってくることでしょう。

 

数字を見られるデザイナーは強い

では建築で考えてみましょう(`・ω・´)

ある地域に店舗を構えるとして、その看板デザインを依頼されたとします。

店主からコンセプトや要望を伺い、それを形にするのがお仕事です。

ここで大切となるのが、周辺のお店の顧客層や時間帯、ビルが多くサラリーマンが多いのか、それとも学校帰りの学生が多いのか、そういった点を分析することではないでしょうか。

クライアントから依頼された仕事をそのままおこなうのではなく、確証となるデータや数値を集めて、根拠をもとにデザインをするとプレゼンもしやすく、なおかつ120%のクオリティで相手に喜んでもらえるかもしれないですよね。

webサイト制作ならなおさら、サイト閲覧数や、アクティブユーザー数などの数値を把握し、日々改善に努めると、デザインの方向性がしっかり固まってくるはずです!

たまご「他のデザイナーに負けないようにするためには、アプローチ方法や根本的な考え方を変えると、大きな結果につながる可能性が大きいです!」

 

需要が低くなる可能性は?

たまご「デザインの需要が低くなる可能性はあるのでしょうか?」

よっさん「想像力やアイデアで生まれたデザインは人の心を動かすもの。デザインの需要はなくなりません!」

 

デザインは「創作力」「想像力」が要となる職業ですが、そのデザインを人間がやらなくてもいいという時代が着々と近づいているかもしれません。

みなさん「AI」をご存知でしょうか?

AIとは「人工知能」のことですが、今まで人間が自分でやっていたことを代わりにロボットがおこなう研究が進んでいます。

いずれ、デザインすらもAIがおこなう時代がやってくる可能性もないとは言い切れません。

しかし、AIには超えられない想像力やアイデアが人間にはあります!

SUPER BOGEYにしかできないデザインもありますから、人間の無限の可能性にもまだまだ期待ができるでしょう(`・ω・´)

 

 

収益性事業としてのデザイン業界とは?

結論から言うと「アリ」です(*`・ω・)!

ただし、デザインと言ってもさまざまな業種があるので、全てのデザインに当てはまる話ではありません。

 

ちなみにデザインに関する職種は以下のとおりです。

グラフィックデザイナー
インダストリアルデザイナー
エディトリアルデザイナー
webデザイナー
インテリアデザイナー
ファッションデザイナー など

 

今後さらに成長を進めると思うのは「webデザイナー」や「グラフィックデザイナー」です。

その理由は何と言っても「インターネット」!

インターネットを駆使すればさまざまな情報を入手できる時代になり、どのサイトが一番ユーザーに注目してもらえるのか、さらにはサイトのあり方次第でユーザーの購買行動へ促すことも可能なのです。

その結果をもたらすためにはサイトの情報だけではなく、「デザイン」にも大きな価値があると思っています!

 

 

自分のデザインを売り込むためのポイント

よっさん「よし!デザイン業界の色々を知れたところで、収益獲得のためにはやはり売り込みが大切ですよね?」

たまご「そうですね!」

よっさん「どんな売り込み方法が良いと思いますか?」

たまご「では、私が考えた売り込みポイントをご紹介します!」

 

SNSで拡散する

何度もお伝えしていますが、ひと昔前はデザイナーという存在自体が希少だったため、待っているだけでもお客さんが来てくれるような時代でした。

しかし、近年は待つだけではお客さんは寄ってきません!

まずはSNSを利用することが最善策かと思います。

Twitter、Facebook、Instagramなど、あらゆる売り込み手段が整っています。

どれを使うか、何をアピールするのかはやってみなくちゃわかりません。

一つ言えることはSNSを上手く利用することで、自分のデザイナーとしての名前や実績が徐々に知れ渡るということです。

ある日を境に全世界に情報が拡散されることも夢ではありません。

自分から売り込み、発信していくことで自分のデザインが多く広まることでしょう!

 

WEBサイトを有効活用する

自分の「WEBサイト」を所有し、そのWEBサイトをSNSで拡散する方法が理想的です。

SNSはあくまで拡散する手段となるため、全ての情報を行き渡らせるためには限界があるでしょう。

そこで、根っことなるWEBサイトを制作し、その中に自分がアピールしたい材料を全て載せると、ユーザーとしても見やすく、そして印象が強く残ります。

例えば、イラストデザインを拡散したいのであれば、「こんなこともできます!」というポートフォリオなどをまとめておくと、クライアントもイメージが湧きやすくなることでしょう。

WEBサイトは「あなたの全てを詰め込める箱」です。

その箱をどのように見せていくかが、大きな鍵となり、収益につながります!

 

新しい環境に飛び込む

もちろん、インターネットだけに頼ってもいけません。

いつもと同じ環境で毎日を過ごしていても、未来が劇的に変わることはありません。

デザイナー交流会に参加してみる
イベントを通して営業をする
新しい発信メディアを見つけたらすぐに利用してみる など

このようにアプローチはさまざまです!

「行ったことがないからやめておこう」「できなさそうだから」などといった理由で逃げてばかりいると、いつまで経ってもデザインを収益につなげることはできません!

新しい環境こそ「大きなきっかけ」につながりますので、怖がらずに挑戦しましょう!

 

 

デザインを収益性事業にできるかどうかはあなた次第!

デザインの可能性は無限大です(〇^∀^〇)

言いかえると、やり方次第であなたのデザインが広がっていくのか、落ち込んでいくのかが変わってしまうということです!

もしかすると、あなたの知らないところで、あなたのデザインを望んでいる人がいるかも知れませんよね。

デザインを上手く利用してあなたの力で、あなたのデザイン事業を収益につなげていきましょう。

飲食店を開業するための5つの手順!これでバッチリ開業できる!

女性「飲食店を開業したいけど何から始めればいいのかわからないな〜!」

男性「提出しなきゃいけない書類とか多そうだよね〜。」

女性「そうなんだよ〜!資金はとりあえず貯まったんだけど、その先どうすればいいのか手が止まっちゃって〜。」

よっさん「困っておりますね!!」

男性「よっさん!!」

女性「よっさん、聞いてよ〜!飲食店を開業したいんだけど何からやればいいのかわからなくて…。」

よっさん「そんなときは私にお任せください!!飲食店を開業するための手順を特別に教えちゃうよ〜!」

女性「ありがとうよっさん!」

 

飲食店を開業するとなった場合、何をどうすればいいのかわからないといった方が多いのではないでしょうか。

今回はよっさんと一緒に、飲食店を開業するための手順を紹介しましょう!

 

 

飲食店の開業①コンセプトを決めよう!

飲食店の開業にあたって、まず大切となるものが「コンセプト」です。

 

男性「そもそもコンセプトって何?」

コンセプトとは「物事の大まかな意味や内容」という意味です。

例えば「やすらぎのある空間を提供するお店」や「誰でも気軽に入店できるお店」といったそのお店の雰囲気やお店ならではの特徴を表します。

すでにコンセプトを決めている方も多いかと思いますが、このコンセプトを怠ると後々、集客に影響が出るかもしれません。

 

さらに最近だと、SNSによるお店の集客効果は絶大です。

「他店とは大きく違うコンセプト」をはっきり決めておかないと口コミやメディアに取り上げられる可能性が低くなります。

 

 

飲食店の開業②資格や免許について

飲食店を開業するために、知っておくべき資格や免許があります。

一つずつご紹介しましょう。

 

食品衛生責任者

飲食店を開業するためには「食品衛生責任者」という資格取得者が1名以上在籍している必要があります。

飲食店だけでなく、食品を取り扱う小売店も必須の資格です。

主な仕事は「店舗の衛生管理」で、なおかつ、従業員に衛生管理方法を指導、徹底する重要な役割があります。

食品衛生責任者の資格を取得するためには、各地域の保健所で講習と試験を受けなければいけません。

10,000円ほどの費用で受講・受験ができ、講習をしっかり受けていれば試験もそこまで難しくはありませんのでご安心ください。

 

防火管理者

開業予定の店舗が30人以上の収容人数となる場合には、「防火管理者」という資格が必要です。

各地域の消防署で受講することにより取得できます。

受講期間は1日〜2日ほどで、費用は3,000〜5,000円くらいです。

女性「受講しなきゃいけないものがたくさんある〜!!!大変だ〜!!」

 

深夜酒類営業の届出

もし、深夜0時〜日の出までの時間帯で酒類を提供する場合には「深夜酒類営業の届出」を警察署に提出することが必須となっています。

提出する書類には「店舗の平面図」や「求積図」など自分だけで用意することが難しい書類が多いです。

金銭的負担が多少増えてしまいますが、専門家に依頼するとスムーズに進みます。

また、警察署によっては「店舗の案内図」や「用途地域証明書」などが必要となる場合もありますので、それぞれの警察署に確認しましょう。

 

調理師免許は不要!

実は飲食店の開業にあたって「調理師免許」は不要です。

そもそも調理師とは「調理師法」によって定められた国家資格と言います。

この資格を持っていることによって「調理師」と名乗って調理業務を遂行することができるのです。

実際、調理師免許を持っていなくても調理業務をおこなうことはできますが、「調理師」を名乗ることはできませんので、お客様に安心感を与えることは難しいところでしょう。

時間とお金に余裕があるときに取得しておくといいかもしれません。

 

 

飲食店の開業③補助金について

よっさん「ちなみに開業費用は余裕を持って貯められたのかな?」

女性「貯めたことには貯めたんですが、ギリギリかもしれません…。」

よっさん「じゃあ、できるだけ安く抑えられるコツを教えましょう!」

 

飲食店の開業にあたり、莫大な資金が必要となります。

少しでも安く抑えられるように、補助金について学んでいきましょう。

 

創業補助金

新たに事業を創業する個人または法人が最大200万円の補助を国から受け取れる制度のことを「創業補助金」と言います。

2013年から開始されましたが、誰でも受け取れるわけではありません。

事業計画書を提出し、審査が通った方だけが受け取る資格をもらえます。

 

小規模事業者持続化補助金

従業員数が5人以下の小規模事業者を対象とした「小規模事業者持続化補助金」があります。

上限は50万円で、経費に対して3分の2を日本商工会議所が支給してくれます。
こちらの補助金も経営計画書や補助事業計画書の提出が必要となりますが、これから新しく店舗を開業する人にとっては重要な資金源になるはずです。

何かと最初は経費がかさむので、受け取れるものはしっかりと手続きしておくことをお勧めします。

 

よっさん「もしわからないことがあれば積極的に商工会議所に問い合わせてみよう!」

 

 

飲食店の開業④保健所への届出や検査

食中毒や予期せぬ事故を防ぐために大切となるのが「保健所への届出や検査」です。

保健所の許可が下りなければ、飲食店を開業することはできません。

最悪の場合、予定していた開店日に間に合わない可能性も高くなります。

面倒と感じるかもしれませんが、下記の点をしっかりと確認しておきましょう。

 

●保健所チェックポイント
・店舗スペースを営業専用にしているか
・掃除しやすい床や壁であるかどうか
・天井は不燃材の素材を使用しているか
・ネズミやゴキブリ対策
・更衣室が設けられているか
・手洗い設備は十分に備えられているか
・ふた付きのゴミ箱が設置されているか
・店内の明るさは100ルクス以上か
・調理場とホールにシャッター付きの換気扇がつけられているか
・食品や食器を清潔に保管できる環境か
・トイレは衛生上問題のない場所に設置されているか

 

細かいチェックリストとなりますが、保健所の許可が一発で下りるように努めましょう。

 

 

飲食店の開業⑤各種手続きについて

飲食店を開業するための最後の手順となります。

以下の手続き関係をおこなって、無事に完了となります。

 

よっさん「最後まで手を抜かないように!!」

 

税務署に提出する書類

●個人事業の開廃業等届出書

個人で飲食店を開業する場合、必須の届出となります。

簡単に言うと、税務署に個人事業を始めるお知らせのような書類です。

開業後、1ヶ月以内に納税地の税務署に提出しましょう。

 

●青色申告承認申請書

開業から2ヶ月以内に提出しなければならない「青色申告承認申請書」。

白色申告と比較すると手続きは面倒ですが、青色申告の方が節税対策の面からかなりお得なのでおすすめです。

 

●減価償却資産の償却方法
●棚卸資産の評価方法

申告の有無はお任せしていますが、もし申告しないとなると「最終仕入原価法」や「定率法」が適用されます。

上記以外の評価方法を希望する場合は、開業年分の確定申告期限である翌年の3月15日までに専用用紙の提出が必須です。

 

都道府県税務署、市町村役場

開業したあと、各都道府県税務署、さらに各市町村役場に提出しなければいけない書類を「個人事業開始申告書」と言います。

提出期限は各都道府県税務署、各市町村役場によって異なるため、公式HPを必ずご確認ください。

 

 

飲食店の開業はこれでバッチリ!

いかがでしたでしょうか。

飲食店の開業にあたって、わからないことや何をしたらいいのかなど、頭が混乱している方も多いことでしょう。

どちらかというと、提出しなければいけない事務的な手続きや書面が多いですが、夢の飲食店開業まであと少しです!

最後まで手を抜かず走り抜けましょう〜!

 

よっさん「よっさんも全力でサポートしますぞ!開業するときの店舗デザインは私にお任せくださいね〜!」

【必見】リノベーションしたらインテリアとミスマッチ!?解決策をご紹介!

とある日のスーパーボギープランニングにて−−−−−−−−−−

よっさん「新入社員のきりたくん、まきのさんこっち来て〜!!」

きりた「社長どうしましたか!!」

まきの「私たちにお仕事のご依頼ですか!?」

よっさん「ふふふ。今日は君たちにチャレンジしていただきたいものがあります〜!

きりた・まきの「おおぉぉぉ!!」

よっさん「今回はリノベーションのインテリアについて考えていただきたい!こちらの写真を見てほしい!」

きりた「この写真がどうかしましたか?」

まきの「あ!!!部屋の空間とインテリアがミスマッチだと思います!」

よっさん「その通り!二人にはリノベーションする際のインテリアについて、君たちなりの意見や、こうした方がいいという考えを聞きたい!」

きりた・まきの「わかりました〜!!!」

 

社長のよっさんからもらったリノベーション後の写真。

なんだか部屋の雰囲気と、インテリアがあまり合っていません。

今回はボギーの新入社員と一緒に、リノベーション後のインテリアについて考えていきましょう。

 

 

リノベーションしたけどインテリアとマッチしていない

まきの「せっかくリノベーションしたのに、インテリアと合っていないなんてもったいない!」

よっさん「そうなんだよ〜すごくもったいないんだよ!ではミスマッチを防ぐためにはどうしたらいいかな?」

きりた「はい!僕に一つ案があります!」

よっさん・まきの「おおぉぉぉぉ!!」

 

・リノベーションしたらインテリアも変えよう

リノベーションしたあと、なんだかインテリアが合わない…となった場合、インテリアを変えてみることが一つの方法です。

しかし、予算があるかと思いますので全てとは言わず、部分的にインテリアを交換するだけでだいぶ見え方が変わります。

とは言っても、自分だけでインテリアを選ぶには自信がなかったり、選び直しても「やっぱり違う…」となってしまっては振り出しに戻るだけです。

 

きりた「そんなときに役立つのが【インテリアコーディネーター】!」

よっさん「よく知っているね〜!」

インテリアコーディネーターとはすでに完成されてある空間に対してどんなインテリアが合うのかを提案してくれる人のことを言います。

ちなみに、「インテリアデザイナー」という職業の方もいますが、こちらは空間作りからインテリアの提案までトータルプロデュースしてくれます。

専門家にインテリア選びをお手伝いしてもらうことで、今までの違和感ある空間はスッキリ解消されるでしょう!

よっさん「きりたくん、すごいね〜!選び直すという方法の提案と一緒に、自分では選べないという人のことまで考えていて素晴らしい!」

きりた「ありがとうございまーす!!」

まきの「今度は私の番!!!私もとっておきの方法があります!」

よっさん・きりた「おおぉぉぉぉぉ!」

 

・造作家具を利用する

リノベーション後に「インテリアが合わない!」とならないために「造作家具」を利用する方法があります。

造作家具とは、現場、つまり内装工事の段階で加工・取り付けした家具のことを言います。

 

まきの「造作家具をおすすめする理由は3つあります!」

よっさん「ふむふむ。」

 

①寸法がベストな家具にすることができる!

家具を設置する場所や、リノベーション後も活かしたい家具に合わせて「ミリ単位」で寸法を指定することができます。

リノベーション後のインテリアとのミスマッチは「家具の大きさ」も実は大きく影響するので、ジャストサイズの家具を設置すると部屋の雰囲気に合わせることが可能です。

 

②まさにオンリーワンの家具!

リノベーション後の部屋は、言い換えると「世界に一つしかない部屋」です。

ではその部屋に一番合う家具は「世界に一つしかない家具」となります。

造作家具の素敵なところは部屋に合った「世界に一つしかない家具」を取り付けられることなので、マッチすること間違いなし!

また、色合いも部屋に合わせて変えられるので、統一感も生まれます。

 

③地震が来ても大丈夫!耐久性バッチリ!

本棚や机など、造作家具にすることで、万が一大きな地震が来ても、家具が倒れるという心配はありません。

金具でしっかりと固定される造作家具は、耐久性も保証されるため安心安全ですね。

 

よっさん「いやぁ〜お見事!造作家具に目を付けるとは!」

まきの「ちょうど最近勉強したばかりだったんです〜!」

きりた「社長!でも、これってインテリアのことも踏まえてプランニングからしっかりすればそんな心配もないのではないでしょうか?」

よっさん「お!ではその話を詳しく聞かせてくれませんか?」

 

・インテリアもプランニングしておく

一番理想的な方法はプランニングの段階から、インテリアも兼ねて計画することです。

例えば、
①先に部屋の雰囲気を大まかに決めてから、インテリアを組み合わせて微調整
②インテリアに合わせて部屋のコンセプトを決める

 

など、部屋から決めても、インテリアに合わせて決めることも、どちらでも自由自在に計画することができます。

プランニングからインテリアのことも考えると、リノベーション後に「なんか違う!」といった事態になることはほぼないでしょう。

よっさん「そういうこと!プランニングがしっかりしていれば特別心配することはないんです!」

まきの「勉強になる〜!」

 

 

インテリアを選ぶポイント

よっさん「では、リノベーションをおこなう場合の、インテリアを選ぶポイントについて考えてみよう!」

きりた「うーん。ポイントかぁ。」

まきの「難しいな〜。」

よっさん「では、私から一つだけ提案をしよう!」

 

・リノベーションの前に確認しておくこと

よっさん「インテリアを選ぶポイントと言いますか、リノベーションの前に必ず確認してほしいことがあります!」

リノベーションは世界に一つだけのお部屋のデザインが決まるものですので、事前確認を怠らないようにしましょう。

 

①居住地のサイズや構造

まず一つは居住地の内部構造や広さを把握する必要があります。

ほとんどのリノベーションで間取りが変わると同時に1部屋あたりの広さも大きく変わります。

取り入れたい家具のサイズとしっかり合うか、角度は合っているかなどの確認が必要です。

もちろん造作家具であってもミリ単位で寸法を細かく決めましょう。

 

②家具の機能性

家具の機能性も確認項目として押さえておきましょう。

例えばいくらデザイン性が良くても、収納スペースが小さい、取っ手部分が掴みにくいなどの暮らしの不便性が生じては意味がありません。

せっかくリノベーションをするのですから、子供がいるご家庭なら子供が大きくなっても困らない収納スペースの確保、友人が多く集まりホームパーティをおこなう機会があるのならばキッチンスペースの充実性が必要となります。

その人のライフプランに合ったリノベーションを入念に計画することが大切です。

 

きりた・まきの「おぉぉぉ!さすが社長!!!」

よっさん「そんなに褒められると照れるじゃないかー。笑」

 

まきの「ではそれを踏まえた上で私からの提案があります!」

 

・おしゃれな部屋にするポイント

まきの「リノベーション後はおしゃれな部屋にしたいという気持ちが大きいかと思います。そこで私からはおしゃれな部屋にするポイントをご紹介します!」

リノベーション後、おしゃれな部屋にするためには、「何を基準にするか」が大切です。

 

「部屋のテイスト」を基準にするのか
「お気に入りの家具」に合わせて部屋を決めるのか

 

せっかくお部屋をウッディーな雰囲気に仕上げたのに、家具は大理石の高級感があるものを置いてしまっては統一感がなく、リノベーションが台無しになります。

大まかにどういったお部屋を目指すのか、それに合った家具はどんなものがあるのか目を通し、どちらを土台としてリノベーションを計画するのかをしっかり決めましょう。

 

きりた「両方を同時に考えてしまうと手詰まりですし、系統がバラバラになる可能性もありますよね!」

よっさん「よしよし、その調子!」

きりた「じゃあ、おしゃれな部屋にするポイントとして”部屋との調和”も重要になってきますね!」

 

・部屋との調和を考える

きりた「部屋との調和と言っても、全てが同じ色だとそれはつまらない部屋になってしまいます。」

 

①同系色でまとめれば清潔感がある

同じ色ではなく、同系色にすれば統一感を表現すると同時に、清潔感もあるため居心地の良い空間になること間違いなしです。

統一感があることで、部屋全体がシンプルになり飽きることもないでしょう。

ただし、同系色と言っても、色のパターンが少ないと単調なデザインとなるため注意が必要です。

 

②アクセントカラーを活用する

日本語で言うと「強調色」となりますが、全体の色調に少しだけ変化をつけたり、他のメインカラーを引き立てたりする役割があります。

シンプルなデザインかつ、少し遊び心がある方が特別感があり、家に帰るのが楽しみになるでしょう。

このアクセントカラーは面積が小さいもの、例えばクッションや扉など、ちょっとしたものに利用することで、目立ちますし、全体のバランスを取ることができます。

部屋全体が落ち着きのある色であれば、アクセントカラーは派手目な色。
明るい部屋のデザインであれば、アクセントカラーは落ち着きのある色。

変化をもたらすことが大切なので、色調は逆になるようにすると良いでしょう。

 

③デザインを統一させる

アジアン、モダン、アメリカンなど家具のデザインはさまざまあります。

色を統一させる他にデザインのテイストを整えることもリノベーション成功の秘訣です。

もしスタイルで揃えることが難しいようであれば、家具メーカーを統一させると良いでしょう。

メーカーによってその家具の材料や、テーマが異なりますので、メーカーを揃えるだけでも十分に部屋全体が整うためおすすめです。

 

まきの「なるほど。色や家具そのもののデザインを気をつけることも一つの方法ですね!」

 

 

リノベーションで失敗しないために

よっさん「では今回の新人教育はここまで!」

きりた「え?これって新人教育だったんですか?笑」

まきの「社長とたくさんお話できて楽しかったです!!」

よっさん「デザインはとにかく楽しむこと!私も新入社員のフレッシュな空気を取り入れることができて楽しかったですぞ〜!」

きりた「早くリノベーションの依頼来ないかな〜!」

まきの「たくさん勉強できて、早くこの知識活かしたい!」

よっさん「じゃあ、またの機会まで新人教育をお楽しみに〜!」

 

今回はリノベーションのインテリアについてご紹介しました。

ちょっとだけ工夫すると、世界にたった一つしかないおしゃれな部屋が完成します。

ぜひ、リノベーションをする際はインテリアにこだわってみてください。

もちろん、スーパーボギープランニングはインテリアコーディネートもできちゃいます♪

お気軽にお問い合わせくださいね〜!

リノベーションで空き家対策!?リノベーションで未来を広げよう!

主人「この空き家どうにかならないかな〜。親が住んでいたけど、さすがにもう手放したい!!」

奥様「そうよね〜どんどん価値が下がるし、遠くて私たちもなかなか管理できないわよね〜。」

主人「売却するにしてもこんな古い家誰も買い取ってくれないよな〜!あぁ〜。」

 

よっさん「空き家ですと!!どうされましたかご主人!!」

主人「よっさん!タイミング良いね〜!そうなんだよ〜空き家で困ってて…。」

奥様「売りたくても不動産屋さんに断られてばかりだし、解体するのも費用がかかるし…。」

 

よっさん「なーるほど!!それでは【リノベーション】で空き家対策をするのはいかがでしょうか!?」

主人・奥様「リノベーション?」

 

2019年現在、日本の空き家は1,000万戸を超え空き家問題は年々深刻化しています。

今回はよっさんと一緒に空き家対策について考えていきましょう!

 

 

どうして空き家が増えているの?

よっさん「まずはなぜ空き家が増え続けているのかを少しだけ触れておこう!」

実は空き家が増え続ける理由は大きく分けて2つあります。

 

 

原因①|高齢化問題

高齢になるにつれて、戸建をずっと管理していくのが厳しい環境になることも多いでしょう。

例えば、子供と一緒に二世帯住宅に引っ越す、高齢者住宅に移るなど、さまざまな理由で家を手放す方が年々増加しています。

それと同時に空き家も比例して増えていくため、空き家問題と高齢化問題は密接に関係しているのです。

 

よっさん「庭の手入れや、雨漏りなど高齢者にとって戸建の管理はとても厳しいものなのです…。」

 

 

原因②|空き家の使途が明確になっていない

両親が持っていた家を子供が相続するということも多いでしょう。

子供が相続すればそれも一つの解決方法なのでは?と考える方もいるかもしれませんが、実はそう簡単なお話にはなりません。

子供も新築の家を建てたり、マンションやアパートで十分と考える方もいます。

また、相続したとしても居住している場所から離れていて、なかなかしっかりと管理できない環境に置かれ、そのまま放置されているという場合もあります。

そのため、相続したはいいものの、空き家の使途が明確に定まっていないまま年月が過ぎ、資産価値がどんどん減少しているのが現状問題です。

 

よっさん「先ほどの夫婦のように、資産価値が減少している物件だと売却したくても不動産屋に相手にされないこともあるのです!」

 

 

リノベーションは空き家対策の最善策!

では、空き家問題について少し学んだところで、なぜ空き家対策にはリノベーションなのかを解説しましょう!

よっさん「リノベーションは良いことだらけなんです!」

 

 

①新築のように生まれ変わる!

まずは、リノベーションをすることで新築のように生まれ変わるのが何よりのメリットですね。

内装が綺麗になることももちろんですが、間取りや段差、収納スペースなど現代仕様に変更することが可能です。

そのため、住みやすさや魅力が高まり資産価値が高まります。

 

また、リノベーションは言い換えると「世界にたった一つしかない家」と捉えることもできますよね。

似たり寄ったりの内装ではなく、「その家にしかないリノベーション」なので、新築よりもリノベーションを好むユーザーも実は多いのです。

 

よっさん「どうしても古い家だと住み心地が悪かったり、清潔感に欠けてしまう部分があるので、その弱点をリノベーションで解決しましょう!」

 

 

②使途の幅が広がる

そしてリノベーションをすることにより、その家の使途が広がります!

空き家をリノベーションしてそのまま住宅にするのはもちろん、カフェやサロン、シェアハウスなどにアレンジすることも可能です。

 

今までは一般的な家だったものが、お店やちょっとしたシェアハウスに生まれ変わるなんて素敵だと思いませんか?

よっさん「リノベーションの可能性は無限大!リノベーションで借り手や買い手が見つかりやすくなるのが良いですよね!」

 

 

③倒壊・犯罪の危険性が減る

空き家はそのままにしておくと、倒壊の危険性が高まると同時に、犯罪の温床にもなります。

建物はいくら内装を綺麗にしていても、劣化は早まりますし、空き家を放置することで放火の対象としても狙われる確率が高いのです。

 

主人「空き家は自分たちだけの問題だと思っていたけど、実は近隣住民のみなさんに迷惑をかけていることもあるんだね…」

よっさん「そこで登場するのが【リノベーション】です!」

 

リノベーションをして、借り手や買い手を早めに見つけることができ、建物がようやく生まれ変わります。

結果的に、建物の倒壊や犯罪の危険性が減ることに繋がるのです。

 

 

リノベーションで空き家対策!その前に注意するべきこと!

もちろんリノベーションは良いことばかりではありません。

リノベーションを始める前にしっかりと注意点を把握した上で検討してくださいね。

 

 

①費用がかかってしまう

リノベーションをするとなるとどうしても費用がかかってしまいます。

新築の場合であれば、設計した通りに家を建てるので予算内で住むことが可能です。

しかし、リノベーションとなれば、実際に解体してみないとわからなかった建物のダメージが見つかることもあります。

 

例えば、一見綺麗そうな壁でも、剥がしてみたら水漏れが酷い、柱や断熱材が腐っているなど、見た目では判断できない内部の損傷です。

そうなると想定外の補修費が重なり、予算をオーバーしてしまう可能性があることを念頭に置いておきましょう。

 

よっさん「極力、事前調査で全ての問題を把握したいですが、現実は厳しいのが正直なところ。その点を理解した上で、リノベーション工事を検討するようにしましょう!」

 

 

②建物の構造によって不可能なこともある

基本的にリノベーションは建物の全体を改修することになりますが、「できること」と「できないこと」が生じます。

マンションなら上下、隣の部屋に居住している方の迷惑にならない範囲での工事となることや、戸建でも構造の面から取り除けない柱が存在するので希望に添えないこともあります。

しかし、この点に置いては事前調査の中で「できること」と「できないこと」の線引きができますので、お客様の満足できる内装に近づくことが可能です!

 

よっさん「安心・安全をお約束しつつ、お客様の理想のリノベーションを叶えますよ!」

 

 

③耐久性への不安

注意してほしい点として3つ目は「築年数」です。

実は「建築基準」というのが定期的に改正されているため、古い物件だと現在の基準を満たしていない場合もあります。

特に日本ですと自然災害が多い国ですので、耐震性の面にから基準を満たすため耐震対策を施さなければならない状況となり、新築よりも費用がかかってしまうこともあり得るのです。

1981年6月には建築基準が大幅に改正され、耐震基準について大きく見直しがされたためさらに注意が必要です。

 

ただ、古い物件だからと言って全ての建物が基準を満たしていないという訳でもなく、建築基準の改正を見越してかなり高い基準の耐震性を備えていることもあります。

リノベーションを行う前には専門家に確認することが一番の安全策です。

 

 

リノベーションで空き家対策!SUPER BOGEYの作品例はこちら!

弊社はリノベーションにも力を入れています!

SUPER BOGEYなら空き家がこーんなに素敵に生まれ変わっちゃうんです!

 

よっさん「本当に空き家だったの!?と疑ってしまうほどの出来栄えです!ドヤ!」

 

 

HAJIMARU

こちらはコミュニティーサロン兼自宅となった「HAJIMARU」。

月一回解放される出会いの場に生まれ変わっちゃいました!

コミュニティースペースとしてはもちろん、ゲストハウスとしても利用できるような間取りに仕上げているのが魅力です。

古民家のアットホームな空間を残したまま、新しい空間が出来上がったのはリノベーションならではですね。

【HAJIMARU を見てみる!】

 

 

Holiday Villa GREEN GARDEN

休日にほっと一息帰る場所がテーマのゲストハウスです。

各棟は色使いにこだわって落ち着きのある空間に仕上げています。

大人数の仲間同士で、ファミリーで、カップルで、さまざまなシチュエーションが楽しめるリノベーションコテージはここだけ!

【Holiday Villa GREEN GARDEN を見てみる!】

 

 

cafe franc

古民家の見た目はそのままに、中に入ればこだわりのあるおしゃれなカフェです。

夜になれば暖かく灯るライトが良い雰囲気を醸し出しています。

まさか空き家がこんなにおしゃれなカフェに生まれ変わるなんて!

リノベーションは夢が広がりますよね。

【cafe franc を見てみる!】

 

 

SooS HOUSE

こちらは古民家をリメイクした珍しいレンタルハウスです。

立地としては周辺の観光もできるので、レンタルハウスはとても需要がある空き家の活用方法ですよね。

よっさん「別荘の感覚で楽しむことができるので、ちょっとした休日にもいいかも!」

【SooS HOUSE を見てみる!】

 

 

リノベーションで空き家対策をしよう!

リノベーションは空き家が新しく生まれ変わる最高の対策方法なのではないでしょうか。

その家のいいところを残しつつ、現代風のテイストを取り入れられるのもリノベーションの魅力の一つです。

空き家をどうしようか悩んでいるみなさんにはリノベーションも一つの案としてぜひご検討していただければと思います。

反対に、これから起業しようか考えていて、初期費用があまり用意できないという方は、空き家を利用すると費用を抑えられることもあるのでおすすめ!

 

よっさん「空き家問題を【リノベーション】で解決しませんか!?」

ご相談はスーパーボギープランニングまで!