ブランディング豆知識

自分のお店を持つときや、医院を開院するとき、お家を建てるときなどに大切なことは?
様々なことについての知識集です!

 

店舗付き住宅って実際どうなんだろう?!そのメリットは?

2018.12.20

 

店舗付き住宅のいいところは?

 

新しくお店を始めたり、移転するときに、住まいも一緒に考えてみるのはどうでしょう?ボギー事務所のある愛知県においても、店舗付き住宅を考える方が多くいらっしゃいます。実際、店舗と住宅を合わせると、どんないいことがあるのか、何に気をつけたらいいのかなど、一緒に考えてみましょう。

 

 

長い目でみて、コストが抑えられる

 

開業にあたって、少しでも費用を抑えたいところ。住まいは賃貸マンション、お店はテナントで賃料を支払う場合、毎月の出費は避けられません。店舗付き住宅にすると、店舗家賃が発生しないので、月々の経費が削減できます。
 

 

家族との時間を作りやすい

 

職場に通勤する時間がかからない分、家族と近くに居られる時間が増えるもの店舗付き住宅のいいところです。子育てや介護中であっても、仕事と両立する環境を作りやすいと思います。

 

 

精神的にも安定、仕事にも集中できる

 

お店も自宅も賃貸ではなくて、”自分のモノ”だということもメリットと言えるでしょう。精神的に落ち着いて安定することで、仕事に集中できるのではないでしょうか?

 

 

 

デメリットは?気をつけたほうがいいこと

 

店舗付き住宅を考えるにあたり、良い面ばかりではありません。気をつけたほうがいいことも一度考えて見ましょう!デメリットを事前に知ることで、対策を立てたり、アドバイスをもらうことができますよ。

 

立地の選び方、繁華街?住宅街?

 

お店をするのに良い立地は、住むのにも良い立地とは限りません。人や車通りが多い場所、例えば、愛知の名古屋市でいうと、栄のような繁華街であれば、いかにそこを住みやすくするか。閑静な住宅街であれば、そこへいかに集客するか。どんな場所に店舗付き住宅を構えるかも、開業の際に考える大切なことの一つです。
 

 

プライベートと仕事の関係

 

職場が一緒になっている店舗付き住宅の場合、プライベートとの切り替えが上手くできないと、ストレスが溜まることも。オンオフを自分の中で、きちんと線引きすることが大事なのかもしれません。家族とも事前に生活スタイルなどについて話し合っておくことも必要です。
 

 

間取りの制限

 

住宅ローンを組むことをお考えの場合、床面積の制限が出てくるため、店舗や住宅の間取りの制限が生まれる場合があります。間取りについては、プロに意見を聞くのが良いでしょう。決められた範囲の中でも、使いやすい動線やレイアウトを組むことは可能です。

 

 

まとめ

 

良い面も、気になる面もある、店舗付き住宅。今一度、考えるきっかけになったでしょうか?
賃貸であれば、場所を移すことが簡単ではあるかもしれませんが、長い目で見るとコスト面や、生活面で違いが出てきます。

 

例えば、愛知においても、地域によって周辺環境は様々に異なります。“自分のモノ”として店舗付き住宅を選ぶならば、後悔のないよう、周辺環境を考慮した立地や繁盛させる仕掛け作りを一緒になって考えてくれるパートナーを探すことが大切!デザイン事務所や設計事務所を選ぶ際は、店舗だけや住宅だけでなく、店舗付き住宅の経験が豊富かどうか、相談しやすいかなども考えましょう!

一生に一度の家づくり!外観や内装まで全てをこだわろう!

2018.12.19

 

家づくりを考え始めたら…何から始めよう?!

 

人生の中で大きな買い物となる”家”。自分の家を持つとこで、安定した生活基盤となって、仕事もプライベートも充実したものになるかもしれません。そんな家を持つならば、自分の理想的なものを建てたいですよね!家づくりを考え始めたら、何から取り掛かれば良いでしょうか?

 

 

自分の大切なものやことをまずは整理してみる

 

生活スタイルはその人によって様々です。ほとんどの時間をお家の中で過ごす人もいれば、仕事が忙しくて寝るために帰る人、ホームパーティーが好きな人…など。自分の生活スタイルや好きなことをまずは書き出すなどして、整理してみてはどうでしょう。
 

 

家を建てようと思った理由は?

 

今までの生活スタイルを整理した後は、家を建てようと思った理由もはっきりとしておくと良いと思います。例えば、子供が音を気にせず遊べる空間を作りたい!仕事から離れて心に余裕が持てるような一人の時間を過ごせる空間が欲しい!など。
 
理由を明確にしておくことで、流行りのことにも左右されずに、つくってよかった!と思える家づくりができると思います。

 

 

 

デザイン事務所?工務店?パートナーを決めよう!

 

自分の中の大切なことを整理したら、家づくりのパートナーも考えていきましょう。家づくりは誰と進めるかで様々なことが変わってきます。皆さんは、どんな人たちと進めていくのが自分に合っていると思いますか?今回は、名古屋にある工務店や事務所を参考にして、”家づくりのパートナー”を3つご紹介したいと思います。

 

デザイナー・建築家との家づくり

 

「よくある普通の家ではなく、他にはない家がつくりたい!」という方にとにかくおすすめなのが、デザイナー・建築家との家づくりです。
 
間取り(設計)だけではなく、床や壁などの内装の仕上げ・家具などのインテリアを全て含め、デザインもお任せできます。しかし、ゼロから全て決めていくことにはなるので、他と比べ完成まで時間がかかります。そのため、「どんなものを選べばいいのかわからない」「センスがないからお任せしたい…」「ゆっくり進めていきたい」そういった方に、デザイナー・建築家との家づくりはおすすめです。

 

 

ハウスメーカーとの家づくり

 

ハウスメーカーは会社の規模が大きく住宅展示場を持っている場合がほとんどです。そこでは、完成したものを目で確認することができ、イメージを膨らませやすいです。入居後のメンテナンスや保証制度も充実しています。ただ、自由に設計することが難しい場合が多く、要望がなかなか通らないこともあります。
そのため、「大きな買い物で実物を見ないと不安」「内装等にそこまでこだわらない」そういった方には、ハウスメーカーとの家づくりがおすすめです。
 

 

工務店との家づくり

 

工務店といえば「地域に密着している、町の大工さん」というイメージではないでしょうか。
工務店の社長が自ら現場に立ち、施工や修繕をすることも少なくありません。外観・内装・間取りなど、デザイナー・建築家同様に一緒に作っていくことが可能です。ただ、現場に入る職人によって料金に大きな違いが出たり、精度が左右されることがあります。
「困った時にすぐ駆けつけてほしい」「自分らしい家を建てたい」そういった方に、工務店との家づくりはおすすめです。

 

 

まとめ

 
自分だけの家、決して安い買い物ではありません。一生に一度の家づくりですから、完成までの過程も家づくりのいい思い出にしたいですよね!
おしゃれで素敵な家であることも大事ですが、使いやすさや住みやすさを感じる家であること、家づくりの良きパートナーに出会えることもとても大事です。進め方やデザイン、費用など自分たちにあったこだわりの家ができるように、慎重にパートナーも選びましょう!

名古屋で店舗を開業したい!店舗の設計やデザインを考えよう!

2018.12.17

 

店舗にとって重要な、設計とデザイン

 

これは名古屋に限ったことではないですが、店舗の開業を考える際に重要なのが、店舗の設計とデザインです。なぜ、店舗のデザインや設計が大事かご存知ですか?様々な角度から見た、設計・デザインの重要性をご紹介します。

 

 

働く人から見た、設計・デザインの重要性

 

店舗の設計は、働く人たちにとって働きやすさを考えて作られることが大切です。スタッフやお客様の動線がしっかり計画されていれば、コミュニケーションも取りやすく、無駄な動きが減り、ストレスなく働くことができます。

 

働いている人によって店の雰囲気は作られるので、働きやすい空間となれば、それがお客様にとって「居心地のいい店」となるのではないでしょうか。

 

 

お客様から見た、設計・デザインの重要性

 

店舗の設計は、店に来店されるお客様にとって、利用しやすい店であることが大切です。ゆっくりできる、落ち着く、使いやすい、行きやすい、と感じてもらえるように設計・デザインを考えます。

 

それに加え、老若男女問わず、飽きがこない普遍的なデザインを意識することで、また行きたいと感じてもらうことができたら、繁盛店へ近づけるのではないでしょうか。

 

 

店舗の企画から見た、設計・デザインの重要性

 

その店が何を売ろうとしているのか、どんなお客様をターゲットとしているのか、今後どう展開していきたいと思っているのか、などもしっかり考えていかなければ、設計・デザインを進めることはできません。ただのおしゃれなお店を作るだけでは、繁盛店にはならないのです。

 

商品や客層、店舗イメージにあった設計・デザインをしなくては、ただ的外れなものができ、お客様は離れていってしまうのです。しっかり店舗の企画も進めていきましょう。

 

 

 

その他に重要なデザイン

 

店舗のデザインや設計以外にも重要なデザインがあります。それはグラフィックと言われる印刷物・販促物のデザイン、ホームページデザイン、看板デザインです。それでは、それぞれをもう少し詳しくご紹介しましょう。

 

店舗の顔となる、看板デザイン

 

名古屋の街には様々な店の看板があります。派手なもの、シンプルなもの、おしゃれなものやかわいいもの、本当に様々です。多くの人の目に留まる看板デザイン。看板だけで、変なお店だなと思われてしまったら勿体無いですよね。「行ってみたい!」と思ってもらえたら、それだけで集客ができます!まさに店舗の顔なのです。

 

 

認知度をあげるための、グラフィックデザイン

 

印刷物・販促物は、主に来店したお客様に渡すことが多いです。名刺やスタンプカード、ショップカード、チラシなど、自分の業種にあったグラフィック物を作り、持って帰ってもらうことで、第三者へ店を紹介してもらい、知ってもらう、覚えてもらう。そこに自分達だけのロゴやマークがあればもっといいですよね。

これも看板と同じで店舗の顔となって、自分達が知らない間に認知度を上げてくれることがありますよ!

 

集客の肝となる、ホームページデザイン

 

スマートフォンの普及率が高い現代、気になることは簡単に調べられるようになりました。ホームページがある店舗とない店舗、どちらが利用しやすいでしょうか。ホームページで、店舗の雰囲気や店舗情報を知ってもらい、予約や問合せをしてもらう。

 

店舗にあった内容で構成されたホームページが分かりやすく、見やすくデザインされていれば、ホームページからの集客が可能になるのです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?店舗の開業を考える際、店舗の設計やデザインがなぜ重要かご理解いただけたかと思います。ただ、それぞれのデザインは分離して考えるものではなく、店舗の設計・デザインと一緒にトータルでブランディングされていると、統一感があり、他のライバル店舗とも差別かされ、繁盛店への第一歩となります。

 

もちろん設計やデザイン以外にも店舗の開業に向けて考えることがたくさんありますよね!事業計画書や商品の開発や資金、物件探し、宣伝や広告、運営、求人など。でも、やっと開業する自分だけの店舗です。繁盛店になれるように、自分にあった設計デザイン事務所をたくさん調べてみるといいかもしれません。

お電話はこちら0120-89-1343

デザイン本の出版

インテリアデザイナーってこんな人!代表よっさん、初の著書でデザインの世界を覗き見!?

graphicco Gon Gari Gari 無料相談会 資料請求
(株)スーパーボギープランニング
名古屋市千種区見附町1-3-4 052-789-1343
Copyright © 2014 superbogey All Rights Reserved