1. TOP
  2. 豆知識いろいろ

豆知識いろいろ


Warning: include(./../lib/update-nav.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/1/bogey/web/bogey.co.jp/update/wp-content/themes/bogey3/archive-tips.php on line 17

Warning: include(./../lib/update-nav.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/1/bogey/web/bogey.co.jp/update/wp-content/themes/bogey3/archive-tips.php on line 17

Warning: include(): Failed opening './../lib/update-nav.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/7.1/lib/php') in /home/users/1/bogey/web/bogey.co.jp/update/wp-content/themes/bogey3/archive-tips.php on line 17

豆知識いろいろ

歯科医院のネーミングはどうやって決める?ネーミングのポイントを紹介します!

歯科医師「さぁて〜! そろそろ病院名を考えないとな〜!」

奥様「どんな名前にするの?」

歯科医師「うーん。 堅実に『○○歯科医院』なんてどうかな?」

奥様「それもいいけど、なんだかよくある名前になっちゃうわね…。」

歯科医師「そうだな〜。 病院名ってそもそもみんなはどうやって決めているんだろう?」

 

よっさん「どうやらネーミングに困っているようですね!」

奥様「よっさん!!」

歯科医師「そうなんですよ〜!! 病院名をどうやって決めたらいいのかわからなくて…。」

よっさん「せっかくですからちゃんとした名前をつけたいですもんね!」

奥様「よっさん教えて〜!」

よっさん「それでは今回は歯科医院の【ネーミング】についてじっくり教えましょう!」

 

歯科医院をこれから開業するみなさんは、病院名をすでに決められていますか?

おそらくこの記事を読んでいる方は病院名をどうしようか悩んでいるところかもしれませんね。

今回はよっさんと一緒に病院名のネーミングについて学んでいきましょう。

 

 

歯科医院のネーミングによって起こる影響

 

奥様「そもそも歯科医院のネーミングって大事なの?」

よっさん「それはもう歯科医院を今後継続していく上で重要なポイントとなります!」

よっさんの言う通り、歯科医院のネーミングによってさまざまな影響が生じます。

どんな影響があるのかをご紹介しましょう。

 

①長すぎるネーミングは悪影響

歯科医院を経営していく上で、予約やお問い合わせなどスタッフは電話を取る機会がとても多いです。

「はい、◯◯◯◯歯科医院でございます」とスタッフは何回も名乗ることになるので長い病院名は時間のロスを生じさせます。

中には病院名を略して名乗る場所もありますが、あまり宜しくありません。

1日に何回も電話を取らなければいけないスタッフのことを考慮すると、短い病院名がふさわしいでしょう。

さらに、長い病院名だと患者さんはなかなか覚えられません。

若い方ならまだしも、高齢者はなおさら覚えられないことでしょう。

よっさん「行きつけの病院名が出てこないことで、さまざまな障害が発生してしまいます!」

 

②歯科医院のイメージにつながる

ネーミングによって、歯科医院のイメージがガラッと変わります。

例えば「花田クリニック」だと、総合的な病院なのかなと想像できるでしょう。

しかし、「花田歯科クリニック」にすることによって「歯科専門の病院」という認識をすることができ、新しい患者さんであっても間違えずに来院することが可能です。

このように、「初めて来る患者さんでもわかるように」ネーミングをつけなければあやふやなイメージをつけてしまうことになるので注意しましょう。

よっさん「新しい患者さんに来てもらうためにはネーミングでイメージづけることが重要ですよ!」

 

③新患に影響を及ぼす可能性がある

現代だと居住地から近い歯科医院をインターネットで検索し探すことがほとんどでしょう。

その時、検索上位にあなたの病院名が上がれば、新患の来院を促すことが可能です。

できるだけ新患が検索しそうなキーワードでネーミングを決めることも重要なポイント。

例えば駅の近くに病院を設立するのであれば「◯◯駅 歯科医院」というキーワードで上位表示されれば良いのです。

ただし、検索上位に上がってくるのはまとめサイトや口コミばかりなので、ウェブ広告を利用して一番上に表示させることが有力な方法となります。

 

 

歯科医院のネーミングのポイント!

それでは、実際に歯科医院のネーミングに関して、どういった点に気をつければいいのかを解説していきましょう。

よっさん「必ずしも全ての項目を気をつけなければいけないということではありません!一つでも意識すると素敵な歯科医院が出来上がります!」

 

ひらがなを利用しよう

病院名はできるだけ「ひらがな」を利用しましょう。

ひらがなにすることによって患者さんやスタッフの手間を省くことができます。

漢字だとどうしても画数が多くなり書くことが面倒に感じる高齢者も多くいるので、ひらがながおすすめです。

また、ひらがなにすることによって患者さんにやわらかい・優しい印象を与えることができることも一つのメリットとして挙げられます。

よっさん「漢字ばかりが並べられていると病院の固いイメージがついてしまい、子どもも行きたくないと感じてしまいます!」

 

インターネット検索で上位を狙おう

インターネットで検索上位を狙うことも、ネーミングを決める上での一つのポイントとなります。

最近はインターネットで歯科医院を検索する人が多いため、ユーザーが欲しい情報を名前に組み込むと上位を狙いやすいです。

「おおたクリニック」よりも「おおた歯科クリニック」の方が具体的で、歯科医院の検索結果に上位表示がされやすくなります。

また、インターネット検索だけではなく、具体的な名前にすることにより患者さんに「どんな病院か」という認識を持ってもらうことにもつながりますので、具体性は必要と言えるでしょう。

よっさん「長くなりすぎると患者さんに覚えてもらいにくいですが、ある程度の具体的な病院名は必要です。」

 

地理的情報を組みこもう

「さとう歯科医院」だけだと全国に多く存在し、差別化がかなり難しくなります。

しかし、「相模原さとう歯科医院」という名前だと「相模原のさとう歯科医院」という場所を特定することが容易です。

苗字が珍しいものであれば地域名を入れずとも検索結果の上位に表示されることは可能かもしれませんが、ほとんどの場合は地理的情報を組み込むことをおすすめします。

ただし、地域名が他の都道府県にもあるような名前だと役に立たないこともありますのでご注意ください。

 

院長の思いを込めると差別化に!

歯科医院の名前に「院長の思い」を込めるとなお良いかもしれません。

例えば「すこやかさとう歯科医院」「あおぞらおおた歯科医院」と言ったように、院長の思いや病院のイメージをそのままネーミングに使用すると確実に特定することが可能です。

必ずといったルールはありませんし、完全に院長の好みの問題ではありますが、病院の嫌なイメージが払拭されて新患獲得につなげることもできるでしょう。

 

 

ネーミングはインターネット検索を考慮すべし!

 

ネーミングに重要となるポイントが「インターネット検索で上位表示させること」となんどもお伝えしておりますが、もう少し詳しくこの点を解説していきましょう。

 

医院、診療所、クリニック?どれがいい?

ネーミングの際、「◯◯医院」「◯◯診療所」「◯◯クリニック」のどれを使用すると良いのでしょうか。

こちらに関しても先ほどのインターネット検索の観点から考えると答えは「クリニック」です。

数年前までは「医院」の方が多かったのですが、2012年頃から「クリニック」というキーワードがユーザーにとって馴染みのある言葉となっています。

これから開業するということであれば少しでも上位表示される「◯◯クリニック」をおすすめします。

 

婦人科、レディースクリニック?どっちがいい?

こちらについても2010年頃を皮切りに「レディースクリニック」の方が多く検索されています。

これから歯科医院を開業するにあたって、インターネット検索結果を考えることが必要です。

独自のサイトを運営するのであればなおさら、ウェブ広告や検索上位に表示されるようにネーミングの時点からSEO対策すると後に新患獲得へつながることでしょう。

 

 

歯科医院のネーミングはこだわろう!

 

歯科医院のネーミングは簡単なようで意外と難しいことがおわかりいただけたでしょうか。

現代はいかにして、インターネット検索で上位表示させられるかが鍵となります。

もちろん検索結果が全てということではありませんが、ユーザーが馴染みのあるキーワードは、つまり患者さんのイメージに直結するものだと受け取ることができるでしょう。

歯科医院を開業したらまずは患者さんに存在を知ってもらわなければいけません。

そのためにネーミングの段階からSEO対策とイメージ作りを徹底して行いましょう。

 

よっさん「【ネーミング】をこだわれば愛着が湧くこと間違いなしですよ~!」