1. TOP
  2. 豆知識いろいろ

豆知識いろいろ


Warning: include(./../lib/update-nav.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/1/bogey/web/bogey.co.jp/update/wp-content/themes/bogey3/archive-tips.php on line 17

Warning: include(./../lib/update-nav.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/1/bogey/web/bogey.co.jp/update/wp-content/themes/bogey3/archive-tips.php on line 17

Warning: include(): Failed opening './../lib/update-nav.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/7.1/lib/php') in /home/users/1/bogey/web/bogey.co.jp/update/wp-content/themes/bogey3/archive-tips.php on line 17

豆知識いろいろ

飲食店にアプリを導入するべき理由!アプリの販促効果は絶大!

店長「うーん。なんでこんなに客足が伸びないのかな〜。」

よっさん「店長さん何だかお困りのようですね!」

店長「よっさ〜ん! 実はね、数年前はクーポンを渡したり、大きな看板を掲げていたりすればお客さんがよく来てくれていたんだけど…。 最近はちっともなんだよ〜。」

よっさん「ふむふむ。」

店長「味付けやメニューは特に変えていないからその点は問題ないかなと思うんだけど…。 季節限定メニューを出してメルマガでお知らせしても、数年前と何だか手応えが違うんだよね〜。」

よっさん「なるほど! では、店長さん【アプリ】を使って販促活動してみてはいかがでしょうか!?」

店長「え、アプリ?」

 

数年前はメルマガを送ってお客様にお得なお知らせをしたり、来店してくれたお客様にクーポンを手渡し、もしくはチラシにクーポンをつけたりといった販促活動が主流でした。

しかし、最近だとメルマガをわざわざ開封して確認することや、クーポンを財布の中に入れておいても忘れてしまうなど、紙媒体から離れているのが現状となっています。

そのデメリットをカバーしたのが「アプリ」です!!

 

今回は飲食店に関わるみなさんに【アプリ】についてご紹介します!

 

 

飲食店がアプリを導入するメリット3つ

なぜ飲食店がアプリを導入するべきなのか、まずはメリットを3つご紹介します。

 

①ポイントカードやスタンプカードとして利用可能

以前は会計時にポイントカードやスタンプカードを紙媒体でお渡ししている店舗が多かったですよね。

しかし、ユーザーから見ればそういったカードを渡されても次回来店する時に忘れてしまったり、紛失してしまったりということになりかねません。

財布の中に入れっぱなしにするとしても、他のクレジットカードなどとかさばり、正直受け取りたくないという方も多いのではないでしょうか。

店舗側にとっても、慌ただしい会計時にスタンプを押すといった面倒な作業も極力控えたいところでしょう。

 

よっさん「そこで大活躍するのが【アプリ】です!!」

 

アプリの中にポイントカードやスタンプカード機能を搭載することで一気に問題が解決します。

アプリならば常にスマホの中に入っているので忘れる心配もないですし、何よりお財布の中がスッキリされとても便利ですよね。

店舗側にとってもバーコードをスキャンするだけでポイント加算やスタンプを押すことができるので業務効率のアップに繋がります。

また、店舗によっては「アプリにログインすることでポイント・スタンプがたまる仕組み」を導入し、そもそもバーコードスキャンをする必要もない場合もあります。

 

店長「アプリを利用することで業務効率のアップにも繋がるなんて、まさに棚からぼたもちだ〜!」

 

 

②お客様の行動を促す

①のポイントカードやスタンプカードはもちろんですが、アプリにクーポン機能を搭載するとなお販促活動の効果を得ることができます。

クーポンというと、わざわざ店舗に持っていくのが面倒だったり、財布の中に入れたままにしてても忘れてしまうなんてことがよくあったかと思います。

しかし、アプリクーポンならばそんな手間も一切無くなり、お客様が気軽に来店できる仕組みが出来上がるのです。

 

私自身の体験談となりますが、お昼ご飯を何にしようか迷っている時、必ず目ぼしいクーポンがないかを探します。

そのクーポンをみて、「これお得だな〜!」と感じたもののお店に向かうということが頻繁にあるので、アプリによる販促効果は十分に証明されていると言えるでしょう。

 

店長「なるほど!スマホが手軽なばかりに、以前の紙媒体でアピールしても通用しないのか!」

 

 

③モバイル決済登録を促進できる

会計時に現金で払おうとするとお札を出したり小銭を出したりで、どうしてももたついてしまうことが多いのではないでしょうか。

店舗側としても、会計時に現金をわざわざ数えるのは手間がかかる業務の一つと言えます。

 

そこで!アプリにモバイル決済登録の機能を搭載してみるのはいかがでしょうか。

クレジットカードを事前に登録しておくものやチャージ式のタイプもあり、種類はさまざまです。

キャッシュレスにすることでバーコードをスキャンして完了なので、会計時に列ができることがほぼ無くなるでしょう。

 

よっさん「小銭を落としてしまう方もいますが、その心配も無くなり双方にとってメリットがあります!」

 

 

④プッシュ通知による販促効果が高い

店長「アプリではメルマガのような機能はあるの?」

 

新メニューや割引セール、新着クーポン、さらには臨時休業のお知らせといったように「プッシュ通知機能」でメルマガと同じ働きをしてくれます。

メルマガの場合は開封するのが面倒で、「開封してまで見るものでもないな」という判断に至ってしまいます。

プッシュ通知機能ならどんなお知らせなのか簡単に中身が見えますし、通知をすぐタップすれば具体的な内容を把握することができるので、メルマガよりも開封率は高いでしょう。

 

よっさん「手元にずっとスマホがあるからこそアプリを最大限に利用することが鍵となります!」

 

 

飲食店がアプリを導入するデメリット3つ

しかし、アプリを導入する上でのデメリットもあります。

この点をしっかり念頭に置いてアプリを活用するかどうかを検討しましょう。

 

①コストがかかる

やはり最大のデメリットはアプリを開発するための「コスト」です。

AndroidとiOS端末の両方に対応させるのか、モバイル決済機能、通知機能、他アプリとの連携機能など、どういった仕様にするかによって開発コストは異なります。

しかし、今までのチラシの印刷代や配布するための人件費、外注費、従業員の作業効率の向上を考えるとさほどデメリットにならない場合もあります。

インターネット上では無料でアプリ開発のコストシミュレーションができるサイトもあるのでうまく活用すると良いでしょう。

 

よっさん「アプリ開発だけを見てしまうと大きな費用に感じてしまいますが、将来を見据えて総合的に検討することが大切です!」

 

②インストールしてもらわなければいけない

やはりアプリをインストールしてもらわなければ始まりません。

急いでいる方や面倒と感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、「アプリをインストールすると◯円引きクーポンを配布」といった特典をつけることで利用者を増やしている飲食店もあります。

また、インストールは早くて30秒もかからずに完了しますのでそこまで手間なものではありません。

この点はあまり深く考えるデメリットではありませんね。

 

③アンインストールをされる可能性もある

店舗にいる時はインストールしても、その後に関してはお客様の自由となってしまうので、アンインストールされる可能性も十分に考えられますね。

アンインストールをされる原因については「プッシュ通知がしつこい」「通知のオンオフができない」「機種変更で自動的にアンインストールされる」などが主に考えられます。

正直、対応が難しいところではありますが、プッシュ通知は1〜2週間に1度や、定時的にクーポンを付与するなどの、アンインストールされない対策が必要です。

 

よっさん「ログインボーナスのような続けることでメリットを感じさせる工夫も、アンインストールを回避する方法としておすすめですよ!」

 

飲食店のアプリを開発する方法

それでは飲食店のアプリ導入に関するメリット・デメリットを学んだところで、アプリの開発方法について学びましょう!

 

まずは企画をしよう

アプリの開発を進めていく上で一番重要です。

この「企画」をしっかり丁寧に行わないと、途中で大幅な修正や外注を要することになりますので注意しましょう。

 

主に企画で練る必要がある項目は以下の通りです。

 

①アプリ全般:予算、コンセプト、公開時期の予定など
②画面構成:アプリ内のデザイン、レイアウトなど
③アプリ機能:アイコンをタップするとどの画面に移動するのか
④デバイス:Andorid・iOSの両方に対応させるのか、利用環境など
⑤その他:使用する言語、プラットフォームなど

 

少なくともこの5点を企画の段階で固めておけば開発途中のトラブルを回避できるでしょう。

 

さっそく開発してみよう

企画がしっかりまとまったら開発をしていきましょう。

企画の段階で担当者と入念な打ち合わせをするかとは思いますが、全て納得・理解した上で工程に進むように心がけましょう。

 

テストによる動作確認を忘れずに

アプリが完成したらここからは入念な確認作業です。

公開後にバグが発生してしまってはユーザーはまともにつかなくなります。

Andorid・iPhone端末、ウェブ、タブレットなどさまざまなデバイスで動作確認をしてください。

 

完成したアプリを公開しよう

入念な動作確認が完了したら、ようやくアプリの公開です。

しかしOSにより公開までの手続きが異なります。

 

①iOS

公開するためにはApple社からの承認が必要となります。

アイコンやアプリの概要など必要な情報を申請し、早くて2週間でApp Storeにアプリが公開されます。

 

②Andorid

Andoridの場合は審査はありません。

公開の指示を出せば数分後にGoogle Playストアにアプリが公開されます。

 

 

飲食店はアプリで販促活動をせよ!

チラシやクーポン券、メルマガは数年前までは効果的な販促活動でしたが、これからの時代は「アプリでどれだけアピールできるか」が勝負となってきます。

機能面はもちろん、デザイン性や利用する上で動作が重たくならないか、気軽に使えるアプリかどうかも重要視しましょう。

 

今や「お得感だけ」では生き残れない飲食店業界。

ぜひ、飲食店業界に関わるみなさんは効果的な【アプリ】を導入してみてください!

 

よっさん「ウェブ製作やデザインはよっさんにお任せあれ〜!もちろんご相談もお待ちしておりますよ〜!」

看板に「イラスト」を使用すると集客効果がある?製作ポイントも紹介!

 

店長「看板どうしようかな〜。とにかくどんなお店かを知ってもらいたいから、お店のコンセプトとメニューと、店名と…」

よっさん「看板には文字だけじゃダメだよ〜!イラストを用いて集客効果を狙ってみるのはどうだい?」

 

お店を経営するからにはどんなジャンルの店舗であってもお客様にたくさん入店していただかないと何も始まりませんよね。

そこで重要な役割を果たすのが「看板」!!

そして看板をより効果的に利用するためには「イラスト」を用いると集客効果に繋がります。

 

今回は、イラスト看板による心理的・脳科学的な集客効果やイラスト看板の製作ポイントをよっさんと一緒に学んでいきましょう!

よっさん「看板を極めてこそお店の顔も決まりますよ〜!」

 

 

イラスト看板による心理的・脳科学的な効果

 

店長「看板にはイラストが良いって見た目の問題ですか?見た目が良くてもお客様が入る保証はないじゃないですか〜」

よっさん「これにはしっかりとした【心理学的な効果】があるんですよ〜!」

 

もちろん看板にはお店の雰囲気と合わせてかわいいイラストにしたり、スタイリッシュな看板にすることもあるでしょう。

しかし、それにはやはり「心理的な集客効果」が備わっているのです。

 

 

記憶に残るようなインパクトを与える

 

イラストは人の脳に強い印象を与えることができます。

例えば、商店街を歩いていてふと「大きなハンバーガー」が描かれた看板を見つけたとしましょう。

もし、あなたが今お腹が空いていて、この看板を見つけたら「あぁ〜ハンバーガー良いかもなぁ。よし、ここにしよう」とランチを決めているかもしれません。

お腹が空いていなかったとしても、「ここの大きなハンバーガーのお店が気になるから今度また来てみよう」という判断に至るかもしれません。

 

このように、イラストは脳に直接インパクトを与え、次の行動に働きかける効果があります。

この現象を専門学的な用語で言うと「初頭効果」と言います。

初頭効果を利用することにより、お店の名前が覚えられなくとも、「商店街に大きなハンバーガーのお店がある」という認識をさせることが可能なのです。

 

 

情報を察知するスピードが早い

 

何よりもイラストは人に「情報を与えるスピードの早さ」に優れています。

なぜなら、人の目は脳科学的にイラストや顔を真っ先に認識する作りになっているからです。

もし、先ほどの看板がイラストではなく「hamburger’s town」といった店名だけの看板なら「ハンバーガーのお店」として認識するのに時間がかかったことでしょう。

認識する頃には看板を通り過ぎ、何事もなかったかのように忘れていきます。

最悪、看板に目が留まらない可能性も十分にあります。

イラストは人に頭を使わせるようなことをさせず、直感的に情報を与えることができるため、看板にはイラストを用いることが効果的とされています。

よっさん「イラストなら小さな子供でも認識してもらえるので、集客の幅を広げることができますよ!」

 

 

イラスト看板製作ポイント

 

よっさん「では、イラストによる集客効果を学んだところで、イラスト看板の製作ポイントをご紹介しましょう!」

店長「え?ただイラストを描けば良いだけなのでは…?」

よっさん「違うよ〜!ポイントを抑えてイラストを利用しなければ、せっかくの集客効果が薄れてしまうんですよ〜!」

 

よっさんの言うとおり、イラストでもただ描けば良いものではありません。

これにはちゃんとしたポイントがあるんです!

 

 

①周囲の風景や看板と差別化させる!

 

周囲が茶色の建物や看板ばかりなのに、わざわざ自分のお店の看板も茶色にしてしまっては全く目立ちませんよね。

もちろん、お店のイメージカラーや雰囲気に合わせることも大切ですが、通行人から少しでも目に留まるような色を使うことをおすすめします。

周りのお店の雰囲気や風景と同化させないことで、「周りと何かが違う」ということを認識してもらえれば看板製作は大成功です!

ちなみに、京都は歴史的景観を保護しなければいけない規制があるので、そういった地域の場合は法律に従いましょう。

 

 

②遠くからでも気付く看板に!

 

遠くからでも気付く看板にすることにより「あれは何だろう?」という興味から始まり、看板に近づくごとにお店の情報をゆっくり収集することができます。

店の近くまで行かないと見えない・目立たない看板は人の脳に負荷を与え、さらには興味を生み出すことすら難しくなってしまいます。

歩行者が多い場所なら30m、車通りが多い場所なら最低50m先からでも目立つ看板にすることを意識すると集客効果が見込まれます。

 

 

③内容が簡潔であること!

 

先ほど例に挙げた看板のように、ハンバーガーのお店なら「ハンバーガーのお店だとはっきりわかるイラスト」を用いることで情報を簡潔に伝えられます。

自分のお店の何を一番に知ってもらいたいのか、何のジャンルのお店なのかをシンプルに看板に盛り込みましょう。

もし、文字が多い看板なら「文字が多い」という理由だけで人は看板から目を反らします。

それだけ人は脳に余計な負担をかけたくないものです。

極力文字は使わず、イラストで伝えられるものはイラストで簡単に伝えましょう。

 

 

④夕方や夜間でも明るくしましょう

 

イラスト看板だけに限った話ではありませんが、暗くなってきたら看板は明るくしましょう。

看板が暗いと、店がいくら明るくても「もうお店閉まっちゃったか〜」とお客様に入店を諦めさせてしまいます。

「夜も営業している」ということをアピールするためにも、夕方や夜間は照明器具を積極的に使うことが大切です。

明るくすることで、その日入店の意思がなくとも、「ハンバーガーのお店がある」「夜も営業している」「明日の晩ご飯に来てみようかな」と通行人の思考を巡らせることができます。

せっかくのイラスト看板ですから、夜でも目立たせないともったいないですよね。

 

 

イラスト看板を積極的に利用しよう

 

<集客効果>
・イラスト看板には人に大きなインパクトを与える
・それと同時に情報を瞬時に与える利点もある

 

<イラスト製作のポイント>
・周囲との差別化
・遠くからでも目立つ看板
・内容はシンプルに
・夜間も通行人へアピール

 

いかがでしたか?

ただ単にイラストと言っても、少しポイントを意識するだけでお店の印象はガラッと変えることができます。

ポイントを抑えつつ、かわいいイラストやおしゃれなイラストなど、そのお店に合った看板にすることで、人々の注目を集めることが可能です。

 

よっさん「ぜひ、あなたのお店も【イラスト看板】にチャレンジしてみませんか?」