1. TOP
  2. 豆知識いろいろ

豆知識いろいろ


Warning: include(./../lib/update-nav.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/1/bogey/web/bogey.co.jp/update/wp-content/themes/bogey3/single-tips.php on line 17

Warning: include(./../lib/update-nav.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/1/bogey/web/bogey.co.jp/update/wp-content/themes/bogey3/single-tips.php on line 17

Warning: include(): Failed opening './../lib/update-nav.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/7.1/lib/php') in /home/users/1/bogey/web/bogey.co.jp/update/wp-content/themes/bogey3/single-tips.php on line 17

豆知識いろいろ

リノベーションとはリフォームにあらず、新しい息吹を吹き込む事!

 

無から有を作り出すこと、息吹を吹き込む事は住む、または訪問する人に何かを与えることなのかもしれないね!?

 

ご依頼の内容は様々で今回のモデルは

 

人材登用のために社員寮をリノベーションしたい!

こんな施設を大切にしているのならこの会社で働きたい!…の心を作ること!

 

です!

 

 

さまざまなリノベーション計画があるけれど、会社社員寮を全面作り変えのチャンスはまさかそんなにあるものではないですね!

ありがたいことにボギーでは寮→寮、寮→寄宿舎の2つのケースがあります。

 

社員寮を全面リノベバージョンした時をテーマにしてメッセージを書き綴りたいと思います!

 

 

01:何が足りていて、何が足りていないのか?

 

きっと寝泊まりだけではなく、集まる場所が欲しいのかも?!
まずやるべきはリノベーションのゾーニング計画(場所取り合戦)です! 今回のケースは4階建。

部屋をいくつか無くして大きなホールを作り、みんなが集まれるコミュニティーを作ることから発想を広げていきました!

 

喋って笑って愉快に過ごす談話室、静かに本を読み集中できる図書館、スタンドカフェを作ってそこで人が集まり、仲間を作っていく場所作りも!

何よりまかない厨房を作ることでした!

食事を安心して食べられる健全な衛生的な場所も整備し、若者を迎え入れる形ができました!

 

この全てを紙の上で考えてレイアウトへとつなげていく第一段階が、ゾーニング計画なのです。

 

 

02:シーンが1つしかないから飽きてしまう!デザインテーマを決めましょう!

 

やはり北欧系やアメリカンに人気が集まります!

この寮の場合はアメリカンな手法で作られました!

一言でアメリカンと言ってもあちこちで表情を変え、飽きることなく生活ができるように工夫がされています!

 

先ずは各フロアでデザインが違っています、概ね色彩の変化が、心の動きを変えていきます!

細かく書くとキリがないほどに!

たまに部屋を入れ替わったりなんて企画も良いのかも知れませんね!

 

 

03:いくつものシーンを作り出し部屋からでて集まる事に集中する!

 

そうなんです!

自分の部屋に閉じこもられては元の木阿弥!

部屋を出て夕食をまかないで済ませたらおおよそ2時間くらいの自由な時間を過ごし、その後は入浴し、また部屋に戻って独自の勉強時間に当てる、

この、メリハリが人を育ててくれるのかも知れません!

 

いわゆるコミュニティーの形成です!

 

賃貸マンションの気になるところは交流ができないことでしょうか!

この寮の計画によってよっさんの頭の中に新た企画が生まれ、現在シリーズ化を目指して頑張っています、でもそのお話はまた今度!!

 

 

04:デザインの力を発揮して、皆が集まりやすくする、ここで良かったとなってもらいたい!

 

おしゃれでステキなインテリアがこころを癒す世代でもあるので、本格的にアメリカンを作り込みました、

ブルックリンスタイルでもあり、インダストリアルスタイルでもあり、その融合がカッコよくしてくれましたよ!

 

各所にあるグラフィックデザイン処理がきつかったなー!

やってもやっても終わらない計画、ヒェーです!

完成してしまえばその辛さも忘れてしまう、なんだか呑気なというか、めでたい仕事ですよインテリアデザイナー兼プロデューサーはね!

 

 

05:仲間ができ、チームができ、結束も強くなる!

 

子供半分から、完全に大人になることの一番の変化は “思いやり” です!

この心を育てる場所として使って欲しかった!

やる気の充満と仲間意識を高めることが会社の寮の役割だと思います!

 

先輩が後輩の面倒を見ながら叱咤激励もする、先輩の方もそのシーンでおもいやりをもって叱ったりもできる!

これこそチームワークですもんね!

 

いやー! 良いものを作らせてもらったものです!!

 

 

06:自主的なルールを作り出す統制を取ろうと行動が起こる!

 

大人への入り口はほかにも、それはルール作りです!

 

秩序なく生活することは子供のする事で、みんなで決めようと行動するその中からリーダーシップも生まれていくでしょうし、

その逆に今のところおとなしい性格の子たちも少しずつ強くなっていく、これこそ団体生活のありかたですね!

 

1人として落ちこぼれを作らない気遣いや、目が行き届いた環境をどう作るか、これまた愉快なはなしです!!

 

 

07:もっと良くしたい!が、会社愛を生み出す!

 

1人も落ちこぼれを出さない!

すなわち離職率も下がっていく事は会社にとってとても大事なこと、その大事な部分を本人達に任せてしまうのですから、

信頼しあってなかってら出来ない芸当ですね!

 

こうしているうちに、もっと良くしたいという心が生まれ、自己啓発やら、これは良い! という啓蒙が始まる!

この延長に人間愛があり、会社愛があるのですね!

 

 

08:会社側もまた協力体制を完備しようと雇用関係が促進されることとなりました!

 

こんな器具が欲しいとか、もっと本の蔵書を増やしたいとか、その要望にのって進めてあげることも今度は会社愛へとつながって行くのでしょう!

 

良い会社になっていくタネがまかれた状態なのかな?!

ステキなことだと思うなー!!

 

 

09:外国人就労者を、迎えることにも積極的に皆がなっていきました!

 

そうなんです!

外国人採用を積極的に行い、日本人とのチームワークを作り出そうとすることが、またワンランク上の会社愛を作ることとなりました!

これからは国際的にモノを見ていかないと、雇用に失敗したら会社は休み傾きますからね!

 

 

10:日々が変わり、会社運営にも良い影響がではじめます!

 

日に日にチームワークのあるコミュニティーを作り続けていくと、独創的なルールを作ったりして働くことも面白くしていこうとしたり、変化が生まれていきますね!

このことが会社の発展に寄与するわけなので、社員のための大事リノベーションが成功した例になったと確信しています!

 

 

11:やはりリノベーションとは、場所にも、そこに集う人々にも新しい息吹を吹き込むこと、ただ新しくするのでは何も生まれていかないと言うことなのでしょうね!

 

もう一度、リノベーションということを考えてみませんか?

壊すことを、優先するのではなく、一つの方法としてもう一度考えてみてもいいのではないでしょうか?!

 

スクラップ&ビルドでのし上がった国日本、それが今や空き家対策うんぬんを語らなくてはならない国になってしまっているのも、なんとも皮肉で、無計画な国づくりのツケが全国で起こっているのですから、

でもまたそれをリノベして街づくりと称して新しいことを始める、

何とも言えない、ユニークな国、ほかにはないでしょうね!

 

リノベ大国になれるならなればいいのかもね!!

 

 

12:計画には収支だとか、利回りとか、もちろん付いて回ること、そこが本当に重要なのか?!

 

いくつかの考えを持って見ていかないといけませんね!!

利回りよりも上回る大切なことがある気がしてなりません!!

 

寮の場合は費用対効果論でしょう。

でもこれがまた賃貸であれば収支論が必ずまとわりつく高いハードルとなるわけです、銀行さんも、もう少し未来を見てみてはどうでしょう!

商売だから仕方のないことでしょうが、世知辛過ぎますね!

 

賃貸計画の場合、土地を買っての計画はダメとか、確かにそうかもしれないけど、なんか別の制度を作ってはどうなんだろうなー!

助成金を住む環境作りにももっと当ててくれれば、生きたデザインのある環境や人づくりもできるかもしれないのにね、もったいないなー!!

 

 

13:空き家対策としてのリノベーションによる街づくりは案外、外観が決め手になっているのかもしれないね!

 

やっぱり、ステキな外観や空間があればこそ人が集まってくることもあるし、時間を過ごす場所づくりも発展していくわけですよね!

街づくりのお話にもなりかねないリノベーション! もっともっと発達するでしょうね!

発達しなければやっていけない国になってしまいます!

 

空き家をホテルにリノベーションして、インバウンドを獲得する動きが現在は主流となっていますが、今後もとなると未知数な部分もあるわけでね!

これからますますデザイナーの出番が増えるかもしれないから、楽しみです!!

 

 

14:古民家をリノベーションして和食店と住宅にしたケースもありなかなか有意義だったようにおもいます!

 

おかげで今はすっかり人気店!

古民家を店舗付き住宅 (和食と寿司) としてリノベーションした経験もあるけれど、ユニークなものができます、

新築では生まれないアイデアだったりが有名店づくりの元にもなっている気がします!

 

こういうリノベーションの機会を増やすためには、スタートアップに多大な援助が必要です!

起業家を育てる町! とてもステキなことです!

もっと未来に目を向けた施策をうってほしいものですね!

 

1日に100年も通らなかった道を1日に5000人通る道に変えること、とても未来のためにも必要なことですよ!

もっとこんなお店が増えていくことを願います!!

 

 

15:忘れてならないのはコンプライアンス。

 

リノベーションは本来、建物の用途変更が変わるのであれば建築基準法に合わせた届け出が必要で消防法も絡んだ一大事業となります!

これをないがしろにすることは大問題です!

違法、脱法をしての街づくりでは意味がないですもんね!

コンプライアンスをプライオリティとして考え街づくりをすることが当たり前に大切なことで、このこと抜きで語るのは問題です!

 

リノベーションこそ多くの知識が必要です!

プライオリティーを意識しつつ活動で蹴ることが大切ですね!

 

リノベーション万歳です! これからですね!

まだまだたくさんの問題ですを抱える国日本!

頑張って次世代に繋いでいかなくては!

 

よっさんたちの次の世代のデザイナーたちが発想を持って国を良くしてくれることを願っています!!

 

 

社員寮の大事リノベーションと古民家を店舗付き住宅にしたモデルを交えながらお話しをさせていただきました!

新しいことに息吹を吹き込む姿勢を持って対処していければ、きっと未来は開くのではないでしょうか?!

 

1デザイナーとして今後もチャンスある限り街づくりに寄与できたらデザイナー冥利に尽きることとなるのでしょうね!!

もっと頑張らなきゃね!!

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!

リノベーションはリフォームとは違います!

単なるリフォームを、リノベーションと呼ぶには如何なものかと!

存在の再生とはその後の運営にありですね!

 

よっさんスーパーボギー
https://bogey.co.jp
お問い合わせは
0120-89-1343