1. TOP
  2. 豆知識いろいろ

豆知識いろいろ


Warning: include(./../lib/update-nav.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/1/bogey/web/bogey.co.jp/update/wp-content/themes/bogey3/single-tips.php on line 17

Warning: include(./../lib/update-nav.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/1/bogey/web/bogey.co.jp/update/wp-content/themes/bogey3/single-tips.php on line 17

Warning: include(): Failed opening './../lib/update-nav.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/7.1/lib/php') in /home/users/1/bogey/web/bogey.co.jp/update/wp-content/themes/bogey3/single-tips.php on line 17

豆知識いろいろ

【名古屋から学ぶ】店舗デザインの魅力やご当地愛が伝わるポイント紹介!

みなさんお久しぶりです!SUPER BOGEYのたまごです( ´ ∇`)!

今年は例年に見ないほどの『暖冬』で、私は早くも春を先取りしている気分ですが、みなさんはいかがですか(๑`·ᴗ·´๑)?

それはさておき…

私が最近仲間入りをさせてもらった『SUPER BOGEY PLANNING』は日本のどこにある会社かご存知でしょうか?

正解はあのお城で有名な【名古屋】です!!!

今回は名古屋の店舗デザインについてご紹介しようと思います♪

 
 

名古屋ってこんなところ!

たまご「名古屋について紹介する前に、先にお伝えすると、私は【北海道出身】です!!」

よっさん「え!名古屋に住んだことも、もしかして…(;▽;)?」

たまご「実はありません!!!!!( ´ ∇`)」

よっさん「えぇぇぇ!名古屋に住んだことないのに、名古屋のことを紹介しようとするなんて!」

たまご「いえ( `ω ´ )!むしろ、名古屋のことを知らないからこそご紹介したいですし、私は旅行・ご当地グルメ大好き女子なので、ぜひお任せください!」

店舗をデザインするなら街を知らねば!

名古屋の店舗デザインについて紹介する前に、まずは「名古屋がどんなところか」をお話しておく必要があるでしょう!

そもそも店舗のデザインというのは、オーナーの思いや周囲の環境などを考慮して決められます。

もちろん、同じ名古屋でも場所によって雰囲気が変わることもありますが、名古屋歴0年の私と一緒に学びましょうね( ´ ∇`)

■名古屋城は外せない!

名古屋と言えば名古屋城!名古屋城と言えば金のシャチホコ!と言っても過言ではありません。

実は名古屋城はもともと「名古屋城」ではなく「柳ノ丸」から始まって、「那古野城」へ改名、そして現在に至ります。

ちなみに、那古野城へ改名したのは織田信秀であり、織田信長はこの那古野城で生まれたとされています。

2006年4月6日には日本の百名城にも選ばれ、愛知県民にとっては名古屋城は代表するシンボルとも言えるのです( `ω ´ )!
 
 
■新しい観光スポット『金シャチ横丁』

名古屋城の周辺に新しくできたグルメスポットが「金シャチ横丁」です。

江戸時代の城下町をイメージしたとされる街並みは、行かないと損!

名古屋城を楽しみつつ、名古屋のご当地グルメを堪能できるなんて一石二鳥ですね( ´ ∇`)

ちなみに、金シャチ横丁は伝統グルメを味わえる「義直ゾーン」とちょっと新しくておしゃれなグルメを楽しめる「宗春ゾーン」に分かれているので、ぜひそれぞれのゾーンを満喫して欲しいです!
 
 
■名古屋港水族館で『シャチ』に会おう!

意外と外せない観光スポットが「名古屋港水族館」です!

なんとここでは「シャチ」を見れるとのこと!

たまご「ちなみに、【シャチホコ】と【シャチ】には何も関係がありません(๑`·ᴗ·´๑)」

よっさん「え!?そうなの!?シャチのご先祖様がシャチホコかと思っていたが…」

もともと、シャチは昔の中国人が考えた空想上の生き物で、明治時代に日本人が実在する動物に「シャチ」と名付けたのが始まりなのです。

城の上に存在する「シャチ」は空想上の動物を具現化したものなので、動物のシャチとは別物になります。

そんな歴史あるシャチを名古屋の港水族館で見ることが可能です!

名古屋の繁華街と言えば『栄』

名古屋市民および、観光客に馴染みのある一番の繁華街は「栄」です。

たまご「栄を知ることで名古屋の雰囲気をより一層感じられると思います( `ω ´ )!」
 
 
■久屋大通公園と札幌大通公園が似ている!?

たまご「よっさん!実は私、びっくりしていることがあるんです!」

よっさん「どうした(゜ロ゜)!?」

たまご「私の故郷である【札幌】と【名古屋】の街並みがそっくりなんです(゜ロ゜)」

よっさん「えぇぇぇ!!!」

そうなんです!名古屋の繁華街である栄に「久屋大通公園」がありますが、札幌にある「大通公園」ととても似ているんです。

北海道出身の私から見ると、何だか懐かしい気持ちになりますね( ´ ∇`)

公園の配置から、シンボルである「テレビ塔」までそっくりですが、どっちが先なの?という疑問が出ますよね!

歴史的に言うと、大通公園が先にできたのは「札幌」、テレビ塔が最初に完成されたのは「名古屋」です。

どちらかが一方的に真似たという話ではないようですね(゜ロ゜)

また、久屋大通から栄駅までの間は地下街が発達していることも札幌と似ています!

札幌の場合だと、さっぽろ駅からすすきの駅まで「地下歩行空間」が整えられており、雨の日でも楽に移動ができちゃうんですよ♪
 
 

名古屋から学ぶ店舗デザインの極意

たまご「さて、名古屋についてざっくり学んだところで!いよいよ地域に密着して、名古屋の店舗デザインを学んでいきましょうか!」

よっさん「名古屋は、ご当地愛が溢れる店舗もあれば、イマドキなお店までずらっとあります!」
 
 

カリフォル肉酒場

名古屋駅から徒歩10分の場所にある『カリフォル肉酒場』!

「カリフォルニア」と「横丁」がコンセプトのこちらのお店は外観からすでに迫力満点ですね。

室内でバーベキューを楽しめるため、その手軽さが人気を呼んでいます。

店名である「カリフォル肉酒場」と言っているだけあって、メニューは肉、肉、肉のオンパレードです( ´ ∇`)

肝心の店舗はと言うと、外観は横丁をイメージして提灯が多く飾られています。

その飾っている提灯には「シャチホコ」が描かれているこだわりが!!

たまご「名古屋への愛が熱いですね〜( ´ ∇`)」

室内は、カリフォルニアを連想させるかのような内装で、本格的なグリルもしっかりと設置されています!

外観を目立たせることでお客さんの目を引き、さらに店内も雰囲気を損なうことなく徹底しているのは勉強になりますね♪

公式:カリフォル肉酒場
 
 

注文の多い雑貨店

店名からインパクトのある雑貨屋さんですね。

こちらも名古屋市にある一風変わった雑貨屋さんで、商品の品揃えは驚くほど多く、さらに見たことがないものばかり。

店舗の外観自体は派手なものではありませんが、店名に心を惹かれて立ち寄っていくお客さんも多いんだとか。

ちなみに、店主は「他とはちょっと違う面白い雑貨」を毎日こだわり抜いて仕入れています。

ここから、「自分が店に対して、注文が多い」という理由で現在の店名になっているとのことです。

たまご「雑貨店は他の店にないものが置いてあると自然に興味が湧きますよね♪」

よっさん「店名も一つの店舗デザインです!外観や内装、そして店名が上手くマッチしているかもデザインを決める上での指標として重要視するべきところでしょう!」

公式:注文の多い雑貨店
 
 

コンパル

愛知県民と言えばとにかく「喫茶店」が大好き!

その中でも存在が大きい喫茶店が『コンパル』。

代表的なメニューが「エビフライサンド」で、【名古屋めし】の一つとしても位置付けられているほど、愛知県民にとって欠かすことのできない食事メニューです。

エビフライ以外にも、味噌カツサンドや玉子サンドなどサンドイッチメニューが豊富!

そんなコンパルの外観は至って普通の喫茶店ですが、むしろこの普通さが温かい気持ちになりますよね。

「ちょっとコンパルで一休みするか〜!」

たまご「そんな声が聞こえてきそうなコンパルの店舗は、昔ながらのこだわりあるデザインと言って良いでしょう!」

公式:コンパル
 
 

名古屋名物と店舗デザインはよく絡み合う

たまご「それでは、先ほど少しだけ名古屋名物の話も出てきましたが、実は名古屋のソウルフードは店舗デザインとよくマッチしているんですよ〜( ´ ∇`)」

よっさん「SUPER BOGEY PLANNINGは名古屋を支える店舗のデザインに多く携わっているんです!」

たまご「え!よっさんすごい!」

ここからは名古屋への愛が伝わる店舗デザインをご紹介しましょう。
 
 

矢場とん

名古屋と聞いて絶対に捨てられないご当地グルメが「味噌カツ」ですよね( `ω ´ )!

そして、名古屋の味噌カツNo.1は、『矢場とん』に決まり!

実はインテリアデザインから全てSUPER BOGEY PLANNINGはお任せいただきました。

矢場とんの象徴である「ぶーちゃん」を店外、店内に多くデザインし、椅子にもぶーちゃんが顔を出しておりとっても可愛らしいです。

リニューアルした矢場とん本店にぜひお越しください♪

公式:矢場とん
 
 

スパゲティハウス チャオ

名古屋名物はまだまだたくさんあります。

名古屋でしか見ることのできない「あんかけスパゲティ」はまさにご当地グルメにふさわしいメニューでしょう。

あんかけスパゲティは見た目が「オレンジ色」なことから店舗の外観や内装も「オレンジ」や「茶色」で統一されています。

これで「あんかけスパゲティのお店!」と一目でわかりますよね( `ω ´ )

公式:スパゲティハウス チャオ
 
 

ひつまぶし 稲生

最後にご紹介するのは『ひつまぶし 稲生』です。

店内や外観だけでなく、ロゴや販促物も手掛けさせていただきました!

落ち着いた雰囲気を損なうことなく、ちょっと可愛らしく馴染みやすいデザインにすることで「ひつまぶしのお店って何となく入りにくい…」というイメージを払拭することができるのです。

ぜひ稲生のひつまぶし食べてみてはいかがでしょうか。

公式:ひつまぶし 稲生
 
 

名古屋の店舗デザインはこだわりがたくさん!

ここまで、名古屋ならではの店舗デザインについてご紹介しました。

私が北海道出身だからこそ、県外からみた名古屋についてご紹介すると同時に、名古屋への愛が詰まった店舗が多く、学ぶことがたくさんありましたね( ´ ∇`)

名古屋市民の方はもちろん、名古屋へ観光で来られる方も少し意識して店舗のデザインを観察してみてはいかがでしょうか